開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

実戦力と地頭力

■実戦力と地頭力

自分を変え周囲が変わる価値判断>実戦力と地頭力





 地頭力があつても現実処理、プロの経営者にはなれない。

実戦力、現実処理内容を高度化しプロ経営者へ進化を続ければ

地頭力の成長が必要である。両方の整合が出来た場合が
「知行一致」の段階で、その成功確率を無限にアップすることが、日本国
世界観、地球観、宇宙観人財への成長へのスタートです。

週刊東洋経済 「2008年3月8日号」
「地頭力(じあたまりょく)はこう鍛える」の内容を 現実処理業の経営者役員を
目指す人財は成功確率が高い「知行一致」視点から修正が必要です。




■地頭力は、自分が当事者自力本願で自己責任をとる実戦力と違います。
  (机上型) 自分以外の人を動かし成果をあげる方法で、自分だけ個人の人財
         を上げ、組織の総人財力をあげる場合は、他の人が人財力が高い
         集団大企業・中堅企業なら実戦力があがりますが、人財数が少なく
         人材成長スピードが遅い場合、実戦力と乖離幅が拡がり、逆に
         地頭力人財は組織破壊者に変貌し企業の存亡の危機を起こします。
          成長の評価は「アナログ」で人による評価はその評価者の成長段階
          で異なる。本人の志のレベルで伸びる可能性を遅くさせる確率が
          高い。高品質、均質化が難しい。期限が明確でないた百人百様の期間
          となる。 
 

 
  地頭力テーマ
 

 内容例

 論理思考 

話の内容が一貫してつながっているということ。
誰もが理解できる共通語です。
 

 仮説思考力

今ある情報だけで最も可能性の高い結論を想定し、検証を
繰り返して結論を出す思考法
 

 フレームワーク

対象とする課題の全体像を俯瞰する全体俯瞰化と最適な
切り口で切断する分析力で構成する。
 

 知的好奇心

地頭力のベース。
これがなければ他のすべての能力があっえも宝の持ち腐れとなる。
 

 フェルミ推定

把握が困難な数量を短時間で算出する方法。
地頭を鍛える方法として非常に有用。
 

 抽象化

限られた知識の応用範囲を広げるために不可欠な思考力
 

 直観力

最適な仮説やフレームワークを瞬時に考える能力。
経験や知識の裏づけが必要となる。
 




■実戦力
 (現場型)
  成果は数字、「デジタル」で誰でも難易度問題解決に対する相対的な
        達成度の趨勢、数値でわかりやすい。企業日本国にプラスになる総人財力
        を持つ人財を養成短期で多数養成できる可能性が高い。地頭力の成長
        がなければ問題解決はできない。成長地頭力人財の数が、成果を生む
        量と相関がある。演繹法・帰納法の融合が必要。

 

 
   地頭力テーマ
 

 内容例

 論理思考 

話の内容が一貫してつながっているということ。
誰もが理解できる共通語です。成長段階に応じて理解できる
ように変える。大学生は大学生レベルに、中学生は中学生レベルに、小学生は小学生レベルに、幼児は幼児に合わせる。論理的だが、強制が必要な場合もあります。
 

 仮説思考力
 (目的力)

新事業計画、部門、拠点業務改善は、実現したい企業の姿を多面的に最善のイメージを描き、整理整合させるため、現在の状況にプラスαが付加された未来の内容であり全て仮説です。事業計画は「仮説思考力」を高める方法。

機能開発は、自社にふさわしい製品、商品、機能、ソフト等
を構築することで、全て仮説思考であり、現実化が結果で
あり事業計画より高レベルでないと問題解決しない。
 
現在の総能力を活かしプラスαノウハウをを付加できる人財の能力で実現格差、実現期間に格差ができ、実現できないこともある。
 

 フレームワーク

仮説(目的)を達成する全体のフレーム、時系列の現有総能力に合わせた段階目標に細分化してフレームを描く。
最適の60%で行動し、具体的問題点を探し、目標達成に
必要な最適レベルまで追求し、次の目標へ向かい、次の段秋の行動フレームを創る。60%程度で動けば次の目標への
準備事項が見えてくる。山登りの原理、ふもとでうろうろ時間を遣わず或る程度で動き想定外の天候変化(企業の取り巻く環境変化)に柔軟に対応することの方が成功への近道。
 

 知的好奇心

問題解決をするために、目的的に探すと総論各論、細部資料等系統的に短期間で吸収できる。問題解決量が多面的な場合は総合的に拡がる。知的好奇心は外部より強制的に
与えられると四六時中、問題解決のヒントを探すために、
精度の高い情報を入手できる。個人段階の好奇心は、趣味、教養で、企業への貢献度と相関はない。
「なぜ」「何か変だ!」「わからない」⇒「知りたくて!」を具体化する力で格差が出ます。
 

 フェルミ推定




 

把握が困難な数量を短時間で算出する方法。
毎日問題解決の現実の数字を累積し、解析を続け、解析制度を上げる改善をすれば、問題発生の箇所。誰がその問題発部分をやったかで、短時間でわかるようになる。
継続的なデータの入力と反復で養成できる。
地頭を鍛える方法として有用な一つ。

太閤記の炭焼き奉行の如く、炭用の伐木を一対一で現地現場で調べることが必要。確率論推計と現実は違う。
自社ではじめてのテーマの場合、長期連続でデータを取り
精度を続けるプロの調査機関のデータを、自社の総能力で
修正し活用し、毎年継続すると、調査会社の資料より、自社に最適な精度の高いデータができる。
単なる現実遊離の推計は、来年以降のの進化改善ができない。「絵に描いた餅」に等しい。
現在の最善の数値を探し、プロの調査資料、ニュースの最善源流、継続連続できる機関を探し当てた上で、不明な部分を推計すると、現実の結果とコンピュータによるデータバースに蓄積累積すると、他社にない精度が高い現実的データとなります。現実に立脚しない推計は、仮説パラメターの精度進化できない場合、現実と乖離する場合が多く、推計する人財の強き弱気で違います。
 

 原理化(抽象化)

汎用化し多くの人が活用し、一定以上の高品質を維持し、ムダムラムリが発生し難いしくに、人の成長格差を少なくする上で単純化原理化が重要になる。プロセス内容がないお題目行動指針のような抽象化ではなにもできない。人財レベルで実現格差は違う。原理化と現実へのプロセス案(無限)の中で最善、最適選択が現実化の格差となります。
 

 直観力

最適な仮説やフレームワークを瞬時に考える能力。
経験や知識の裏づけが必要となる。
直観は、問題活用に対し水平思考、垂直思考、先人の知識智慧、検索エンジンによる類似解決テーマ探しのなかで
90%以上の汗の中で発揮される。エジソンと同じプロセスが
必要。テーマのないひらめきは実現に時間がかかります。時代内で空理空論空想で終わることがあります。
 


商品一覧