開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

人材と人財とは同一情報の中味が違う

■人材と人財とは同一情報の中味が違う 080313

 自分を変え周囲が変わる価値判断>人材と人財とは同一情報の中味が違う






更新 2010.11.09

 同一情報(知識)も人財成長格差で自らの智慧にする段階で中味がちがいます。
成長段階変わると、活躍の舞台が変わるとやり方が変わり、価値判断もレベル
アップします。先人の価値判断に近づくと、各内容の本質が観え(診え)てきます。

あなたの成長段階が変わると、情報の質量の選択価値判断が変わり、過去の累積情報が、
時代に最適でない陳腐化情報となり過去の記録となる場合がある。今の時点で情報知識
を最新化することが、あなたをされに成長加速するときの最適手法の一つです。
あなた自身も、同一情報の中味が成長段階に応じて最高の内容がかわっていることに
気づくはずです。就学前、小学校、中学校、大学、大学院、企業に就職、役職が昇進する
ごとに必要な情報の質量が変化していることに気づくはずです。

CPと人との違いは、人は、今に合わせて、同じ情報の優先順位を、視野視点を変えると
自在の変えることができ、今の行動の中で使用頻度の低いかゼロまたはマイナスは、
忘れたり、切捨てができる機能をもっています。優先順位は、「思い込み」というその人固有
の情報(知識)選択、書き換え、コピー、消去の機能を持ついる確率は高い。 

 

中味理解の違いが明確な「サムエル・ウルマン」の「青春」という詩の訳について
紹介します。一流という人財でさえ視点が日本国で観るか自社個人で観るかで
読む人の感じ方がちがいます。松永翁は高齢になっても日本の指導者として
活躍されました。



◎日本語訳本版 故「松永安左ェ門翁」の訳と伝えられる内容

  青春

  青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
  優れた想像力、逞しき意思、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
  安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。
  年を重ねただけでは人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。
  歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。
  苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月
  の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
  年は八十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か、
  曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨その輝きにも似たる
  事物や思想に対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の
  如く求めて止まない探究心、人生への歓喜と興味。
    人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
    人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
    希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。
  大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大な偉力との
  霊感を受ける限り人の若さは失われない。
  これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽い
  つくし、皮肉の厚氷がこえを固くとざすに至ればこの時にこそ
  人は全てに老いて神の憐れみを乞うる他なくなる。

  ●65歳を超えると、個人の要望格差は大きくなります。
    人の潜在能力の中に共通して遺伝子に組み込まれた機能であり、プラス領域を
    維持持続するのは、自分の選択の結果であるためかもしてません。
    周囲を見ると見える化された現象の一つ。




◎宇野収(東洋紡会長) 作山宗久 訳
  
   青春
  
  青春とは人生の或ある期間ではなく、心の持ちかたを言う。
  薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく、
  たくましい意志、ゆたかな想像力、炎える情熱をさす。
  青春とは人生の深い泉の清新さをいう。
  青春とは 怯懦(きょうだ)を退ける勇気、安易を振り捨てる
  冒険心を意味する。ときには、二十歳の青年よりも六十歳
  の人に青春がある。年を重ねただけでは人は老いない。
  理想を失うとき初めて老いる。
  歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
  苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い、精神は芥になる。
  六十歳であろうと十六歳であろうと人の胸には、驚異に
  魅かれる心、おさな児のような未知への探究心、人生への
  興味の歓喜がある。君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。
  人から神から美・希望・喜悦・勇気・力の霊感を受ける限り
  は若い。
  霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、悲歎の氷に
  とざされるとき、二十歳であろうと人は老いる。
  頭(こうべ)を高く上げ希望の波をとらえる限り、八十歳で
  あろうと人は青春にして己む

  
    
  

既に成長して通った道は観える。
まだ未知の段階はどれだけ成長するか何が価値判断が違うのか理解できない。
成長度合のアップするために、実行し、問題解決できない内容を一つ一つ知識智慧を追加してノウハウの進化をすれば着実に成長段階は変わる。

もしその段階を飛ばすと、将来その欠落した部分が人生の危機存亡にかかわる判断で、最大の弱点となつて現れてくる。

役員になるためには、伴侶、自分の子供、両親家族を幸せにできないと、家庭を持つ社員同僚お客様を幸せにできない。役員の登用は人間力が重要。
家族を観れば選別できる。


家族を持たない人は平常時の格差は少ないが、
非常時、想定外の危機に「人としてしてはいけない下限を超えた非人間としての行動をとる」可能性が
ある。擬似的でもよい家族に相当する身近に幸せ
にする人が「無償の愛」を与え続ける存在づくりが
重要です。

 

 










●本の検証済み事例について
  同じ本も体験量が増え、著者が書いた成長段階に近づくと内容の
  本質が観え(診え)てきます。越えて成長すると、不足や核心の
  ズレが観えてきます。

  
◎学んで競って追い抜く実績豊富な人財をベンチマークして、一つ一つ格差
    を埋めると、或る段階(時間)で追い抜くことができます。今度は支援に
    回ってください。
    ベンチマーク人財の「指示待ち族」は将来その人以上に成長しません。
    その人が成長の上限で、それ以下です。
    「神様仏様と評価される人財」の言葉指示を鵜呑みにし行動すれば
    その人財を越えられません。常に相対比較は時代の最先端、超一流
    の各分野の人財と相対比較しながらベンチマークが必要です。
    そのベンチマーク人財が、年齢とともに総行動量が減衰し、最前線から
    離れた3年経過すると、事例が3年前までの事例か、他の人の事例優位で
    検証が不足しているため、時代変化の価値判断のゆらぎ、乖離が
    はじまり、持続的繰り返し発言の不易の情報だけを活かすようになります。
    流行の部分は現役の第一線の人財から時代の今を知ることが必要条件
    の一つになります。 
    

コンサルタント業界に採用された日(面接日されたその日に入社し就業つく) 

採用担当で当時人事労務の常務(専務空席その後専務副社長まで昇進し
健康を害して退任故人)で私の生涯の恩師となる「知行一致」検証確証した以外
公言しないを公言し、全国の拠点、上から新人まで直接教育をし、企業の
診断セミナー、講演会と八面六臂の行動をし、社員から鬼軍曹と恐れられ、
当人が称して「人間機関車」の人事労務からトップゼネラルコンサルタントから
直接時間をかけた直接教育ができないので、会社のトップの考え方を理解し行動
するために社長の著書(当時すでに有名なトップゼネラルコンサルタント)を必読書
10冊贈呈され、読み理解するようと言われた。

(中味で著者も見ず自費で買い、時々活用し判断に困ったときに読んでいた書棚
 の中かにすでに3冊同じ本を偶然持っていました。) 

常務から3冊自分の著書3冊贈呈されましたが、すでに読破済み、感銘をうけて
その企業で働きたい考え、前職の恩人の役員が保証人になってもらい、応募した
ため、少しは本で知っていました。内容わかりますかといわれ、書かれた内容
フォーム等あることは文字、表として理解できましたが、実務をしていないので
良い内容かどうか解らないので、実際にやらせてくださいと言いました。

社長の本の文字は読めたのですが、中味、本質、智慧等、実務をしていないので
理解できませんでした。2ヵ月後社長面談で、本に関して何か質問ありますか
と同席した数名は質問しましたが、わからないので、健康の維持する方法、
日常の勉強方法、多忙な中での時間管理等今知りたいことに重点を置き
質問しました。一冊の社長の人生論の本に「初心不可忘」と書いていただき現在も
時々読み直しをしています。

実務体験を積むごとに、あ?あのことをこのように体系化しているのかと少しづつ
社長の体験が自分の智慧の中に組み込まれていき、人財の成長段階で同じ文字
が深い意味を持っていることに感動の毎日でした。その後、社長の執筆した60冊
以上、本以外テープも全て自費で買い線を引き、メモを余白に書いていました。
勿論恩師の本も全て自費で購入しました。

時々同じ本を読み直しているうちに、「成長段階が変われば価値判断が変わる」
まだ成長段階が低い時の最重要と線を引いた部分、メモの内容等、次の成長段階
で読み書く位置がずれたり、枝葉末節に捉われ、大事な核心からずれに気づくように
なり、実戦を積みつぎの段階に入ると、こちらのこの考え方手法の方がよいとわかる
ようになり、先人の智慧にプラスαを付加できるようになりました。

「本を鵜呑みにする」と「本の著者」を超えることはできず、「本の著者」超えて進化を
願う期待にそぐわないないと気づき、全ての本の長所良い部分だけを吸収し智慧に
することにしました。すべての本は著者の視点では全て正しいですが 条件が違うと
役立つ量に大きな差があることに気づきます。同じ人財の本を30冊以上読むと
不易の内容、流行の内容、外部環境の変化に対する対応がわかるようになります。

◎本の著者を相対比較し、選び自分の価値判断より優れた人をべベンチマークし
 最新著を購入し読破し、ベンチマークすると、新聞雑誌の掲載情報が自然に
 気づき始めます。


 
「人間は 不思議な生物です。「いつも あ!こんなところに解決のヒントが!」
 感動の瞬間をよく味わう現象があります。

 意識すると、常に全ての感性が働き、意識しないと「何も感じない」 癖を持っています。
 「常に意識した対応」をお奨めします。

 同じ情報で気づかない時と気づく時とあることがわかってきます。

 




 

◎役職、階層高くなると、日常行動のための実戦訓練のテーマの重点が異なる。

役職、階層が高くなることは業務の領域の日常行動時間配分量がかわります。環境の総需要が右肩あがりの
場合は、検討資料は、自分以外の人の総合知恵をまとめた集約と、自分の過去の成功体験で、補正すれば
事業展開の成功確率は高く、机上で要領よく、決断しても成功確率が高かった時代は1989年まででした。
その時の自社の最高の知恵以下の調整型経営陣は成功確率が急速に低下をはじめました。外部の情報を優位に経営する場合は、蛇行経営がはじまりました。

前例のない事業展開が多くなつた場合、外部の知恵、内部のプロジェクト型優秀人材グループの情報を集約
しただけでは、環境の総需要が右肩下がり傾向、グローバル化、強い海外からの競合企業の参入、中堅、
大企業の子会社として突然競合参入した最強の準備ができた子会社や関連企業とは競争して勝ち残る確率は低くなってきました。自社の総行動能力、資本力が、競合他社より劣り負けただけです。
社内の暗黙知領域を実証検証試験を超スピードでノウハウ構築できる制御人財と候補者を、全部門で構築し、経営陣のモルモット的な検証代行のしくみを構築して、総行動能力量を補完し、短期で、社内へ新軌道へお乗換えをさせるしくみの構築が安心安全業績基盤の構築に必要になってきました。

 

経営の階層が変わると日常行動の時間配分がかわります。決定領域の増加は、検討時の資料の今の時点での検証試験によるプラスαの暗黙知の精度で成功確率はかわります。
経営層の行動量の補完代行をする制御人財の数と相関関係があります。衆知独裁の決断をより成功確率を高くする「ひねり」の時代になってきました。

●自社の階層別日常行動の機能をパターン分類してみることを推奨します。
階層別研修の重点と具体事例を見直すための仮説決断検討情報の一つになります。研修情報の公開時代、真似る時代から自社にふさわしい自社の暗黙知の構築が必要な分水嶺の時代であることに気づくことが勝ち残りの突破口の一つ。 



 

◎世界規模の検索エンジンロボット機能のさらなる進化を待望しています。

よく来訪されている検索エンジンを運営カイゼンする素晴らしい人財の皆様のオンリーワンの強みとなります。
多くの関係検索エンジンには公開無用の暗黙知となります。自社特定管理サーバの中に、基盤ユニット方式で、無限に追加できる演算回路として構築する内容の一つです。

●有料量広告企業で、分野の複合型、製販サービスを複合的のもち、地域狭域市場を対象にした全国エリアで展開企業をモデルにフレーム構築し、市場規模の大きい業種を仮想して実証試験を早期ではじめることを推奨します。
 


国内の外部の知恵はその人の実戦体験量の体系化できまり、社内共有情報で付加され、体験を映画のセット型肩書きの人と行動の本物人財探し、時間生産性をあげる検討期間短期化傾向の時代に、経営層に要求される精度以上に高くするための暗黙知構築のとき、世界規模の超高度な検索エンジンロボットの機能進化に感謝しています。さらにロボット機能、自動生成機能を、活用する決定資料裏づけ、仮説、制御人財により高い機能発揮させるために、「経営の機能」の日常行動パターンに基づき、世界の情報を優位分類できる機能があると、玉石混交の中から「玉」だけを、集中短時間検索が出来るようになります。同じ人が、成長段階の応じて、同一キーワードで探すと、必要階層の情報を検索選択できると、その階層にふさわしい情報源を探し、総体比較し、取引開始検討ができます。
取引に関する場合は、有料広告企業の中で業種、分野で検索して閲覧できるTOPページをそろそろ準備する段階に入ってきました。成長段階の対応して、時間生産性が高効率であり、確信に近くなるまで徹底的に集中して、関連領域を平行的にさがせます。候補テーマが決まると、個別に接触対応し、現実と情報の乖離をチェックするだけで、事業展開の成功確率は高くなります。


◎経営の視点からの事例ですが、パターン年齢性別の日常生活に関する機能をパターン化し、精度を進化させると、「キーワード活用数ランク」とい、価値判断レベルが1番多い活用層の多数決情報で、実務に鵜呑みをすると何か変な、ゆらぎいなる情報を、目的に合わせた内容に進化できる確率は高い。進化を待望しています。




 

◎iPad、電子書籍

●本のように、線を引き、余白にその時の価値判断の記録が書き込む機能、速読スクロール機能、ページ飛ばし機能があれば、2度目、3度目活用するときに、再度読み直しに役立ちます。

●Googleの書籍情報は
必要なとき、必要な量、必要な視点、視野を拡大する
ために段階成長できる機能があります。先人の知恵の本質探しを速読し、学ぶ時代が近い。経営者経営層を目指す人は、ただ情報として座右のルールとして推奨します。

























 


iPadだけに幻惑されると、本の真の価値を  忘れ、流れる浮き草刹那情報になる確率が高く、今自分のレベル  で活かせる都合のよい情報として、6ヶ月後は、過去情報の最新化  をすることを推奨します。
(流行情報のための道具、営業ツール、会議等の今の共有情報、不易の文化情報の映像型整理ツール等) 

・出版社により、内容の下限倫理規程、安心選択が出来難い、下限の無限の文字情報の氾濫は、本音人格基盤の弱い若い世代の煩悩ポテンシャルを増幅する機能があり、世界で煩悩ポテンシャルの類似爆発現象の加速度的増加現象が各地で始まる前夜となりました。
・出版社の編集機能は、作者(個人)の煩悩文章を補正し、補完し、あるベクトル方向へ向ける浄化機能がありましたが、煩悩我優玉石混交、下限の無限な時代にはいり「してはいけないことはしない」本音人格形成が弱い世代は何でもありの法律抵触という最低基準を超える量の増加時代にはいりました。
・本の問屋(取次機能)、書店により、まだ安心度の高い本を、多数相対比較して選択できましたが、ブームという虚飾ブランドでけしか読まない、均質価値判断人間が多数決時代優位になる時代に入る分水嶺の時代になりました。

●20世紀後半のシャープの「ザウルス」を進化するごとに購入バージョンアップし最後は4Gまで購入経験しました。今とは操作度は低く、電子書籍機能もひくかったですが、そのときだけの最新として活かせましたが、1年たつと保有情報が陳腐化し、一度みるとあまり見直しさず、ためるゴミ情報になってしまい、ある時点で、活用を他の方法に変更し、ゴミの機械の一つです。自分の成長についてこれない情報ルールの一つでした。どんな進化機能が付加されてくるのか興味のあるテーマと、業界の一つです。検索機能があるソード時代から、エクセル、アクセスを活用して、読んだ本の記憶しておきたい、残しておきたい図、表をコンピュータに何100冊も入力して、必要なとき活用していました。iPodの原始版機能でしたが、
楽に、簡単に入手できるiPadと違い、睡眠を削って気の遠くなる時間をかけ本を読み、入力していましたが、入力の間に「写経」と同じ機能が働き、目的的に探すとき、どの本のどこにこんな内容があったな、記憶違い変容があっても類似本の中に必ずあるので検索で探すより早くなり、6ヶ月過ぎて、自分の成長段階が変わると、そのときの時間をかけてデータ作りしたものが、すでに知ってしまい、わかってしまい、自分の価値判断の中に入てしまい、2回、3回見直す本が少なすぎることに気づき、コメントの素材、企画書の素材はデータベースにし、テキストの素材はコピーして、テーマ別に紙ベースで、進化プロセス順に整理し、本をジャンル別に整理補完(中は線、気づき感激した部分、将来活かしたい情報には日付とコメントを付しておきました。)i原始型iPadの機能は実戦に行かせる、知識の補完と具体的確信のための理屈として活かしています。汗をかく間に、「先憂後楽」、自分があ!こんなことまで分かるようになつてしまつた自分に気づき、人生に必要プロセスだったのだなと感謝している方法論の一つです。自分がある時点の価値判断で選択し集めたiPadの情報が、成長段階が変わると何かをしなければ、過去の蓄積にこだわり「思い込み」の刷り換えがスピードが遅くなり、時代と乖離をがはじまる確率高く、無限に成長するあなたの芽を摘むツールになる確率は高い。

ロボットとは違う有限時間と限界のある人間の脳と、総行動量を最効率化をする方向は、180度ベクトルが逆で、iPodに時間を食べられ、人生の有限の総行動を少なく人生を「先楽後憂」で終わる人が増えないことを祈念しています。もつとすばらしい21世紀の時間生産性の高くする確率の高いツールの選択する方法も一つです。

 

 



商品一覧