開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

管理の基本機能

■管理の基本機能

TOP >カテゴリー一覧>管理の基本機能



 

 管理に関するシンプル情報、
自社の具体的事例と組み合わせて、体系化できます。

 

◆管理の基本機能 12の項目
   
重役の場合は業績責任があり、2.8.からスタートし、業務における
  自己責任機能が高い。「トップの理解・補佐レベルではなく、
  自らトップの具体的実現する役割がある。



1.トップの基本方針を
 理解する
  

 

 


 7.トップ・上司を補佐する

 

 

 

 

                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 2.方針をたてる

 

 

 


8.働く意欲を盛り上げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 3.計画を立てる

 

 

 


 9.業績を測定して対策を
 たてる
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 4.組織をつくる
 (仕事の分担を明確にする)
 

 

 


  10.人物を評価する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 5.意見を調整する

 

  

 


 11.人の教育訓練をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 6.業務を統制する

 

 

 


12.業務の改善、標準化を
  すすめる
 

 




◆管理の進め方  (記号は管理の基本機能より)


◇計画・実施・検討
 サイクル


◆計画(Plan)        1. 2.  3.  7.
 

◆実施(Do)         4. 8. 11. 12.
 

◆検討(See)         5. 6.  9. 10.
 

◇PDCAサイクル


◆Plan(プラン)       1. 2. 3. 
 

◆Do(ドウ)         4. 8. 11. 
 

◆Check(チェック)          5.  9.  10.
 

◆Action(アクション)       6.  7.  12.
 

◇FHACサイクル
 (PDCAサイクルを
  回転させる役割)
 

◆Follow(フォロー)     

◆Help(ヘルプ)

◆Advice(アドバイス)

◆Check(チェック)




◆業績を上げる基本

◇基本型

 P1P2へアップ


・計画経営
・ミドルアップ経営
・全員参加経営
 

◇なかみ

 
  (現状認識)→(選ぶ)
 →(行動)→(変革)
 →知2へアップ 
 

・革新を突く経営
・重点集中型経営
・実行継続経営
・システム化スピード経営 

◇時間

 
 一定時間間隔で当確確定

 情報差額対策実施
 →当確確定情報2 
   

・先行経営
 (先行業績管理 
  先行投資管理)

・一流のプロの経営
 (ミドル多数一流化経営)

◇公正


 成果評価報奨
 →成果2へアップ
 

信賞必罰
成果配分
後継人材の発掘




 ◆なかみ 知・選・行・変のサイクル

◇知る=現状認識
  

●本質をつかむ⇒「頭すっきり」

 事実を検証 ⇒個別分析 ⇒総合分析 ⇒ 事実を確証化
 

◇選ぶ=価値判断       の体系化 

●確証事実を価値基準により選別体系化 ⇒「心スッキリ」

 考え方・行動基準で選別 ⇒数値化基準で選別 
 ⇒ 管理システム化=アナログ内容数値化+デジタル内容数値化 

◇行動する=突破口

●管理システムを活かし、人材が重点集中行動 ⇒「体ウズウズ」
 
   狙いを明確化 ⇒ 集中 ⇒ 基本動作の反復徹底 ⇒ 全員実行


◇変える=変革
  監査による是正処置
(マネジメントシステム監査から経営計画からの乖離是正も含めた経営監査へ進化させる)
 

●管理システムの運用監査、是正処置経営改善⇒「最適成長アンシン」

 管理システム ⇒定期レビュー監査 ⇒定期是正処置経営改善⇒全員徹底
 


 

カテゴリ一覧
勝ち抜くビジネス手法
壁を突破、アイデアが溢れる、仕事が効率的に少し要領よくするためには「勝ち抜くビジネス手法」をタイムリーに応用すると実戦力は上がります。
経営連携による強い企業化に関する理論武装
競合他社が国内の自社より成長スピードが遅い時代は、経営機能分散、個別での無限の市場への全方向独自の成長は効果的に見えましたが、海外の競合他社、強い大企業型競合他社に重点集中し勝ち残るためには経営機能の総能力の連携しと整合し最適化した強い企業をつくることです。
技術経営(MOT)系専門職大学院協議会
MOT専門職大学院全体の社会的認知を高めるための取組みの一つとして、MOT協議会と産業界が一体となってMOT教育コア・カリキュラムを開発し、2009(平成21年)度末からMOT専門職大学院で修得すべき必須の教育内容と到達目標・評価基準を公開できるようなりました。
健康維持再生復元探し
「環境が人類の生存に、マイナスの働きをする時代」がはじまりました。今の健康維持持続心身の健全性の保持に必要条件です。そのノウハウを身につけ、目標達成率を高め未来を拓く。健康障害が精神をマイナス領域へ向けるベクトル。いかに短期でマイナスの歯止めをかけ再生・復元方向へ向け実周囲の最適な力を借りでプラスの日常習慣にするかが突破口
超多忙な人財の健康持続の突破口
天変地異等前例のない未知の問題を解決する時、超多忙な実務率先垂範型制御型人財は周囲の人、経営資源が最適に層能力を発揮するように、行動させることが最重要で、最適に最短で問題解決方向へ誘導する他に拮抗者や、後継人財が成長途中で代行者がいないと判断したときは、「間の睡眠」が健康持続の突破口の一つです。