開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

ISO、認証を活かす「強い会社」つくり

■ISO、認証を活かす「強い会社」つくり 081005

TOP >カテゴリー一覧>ISO、認証を活かす「強い会社」つくり





世界進出企業が増え、一民族型経営からますます多民族型経営への転換が
増えISO等各種認証取得し、管理や技術、システムを構築したが、製品・サービス
の質が上がり、生産性が向上し、高品質業務効率の向上を目指しながら、取得後
業績貢献度が上がらないと評価され、新たな手法を検討する企業さえではじめて
いる。国内市場も、大企業が一巡し、受注環境は 中小企業、零細企業まで取得
をしなければならない環境になりました。

A志援は人が経営する企業は、実践、業績貢献で評価された実務家が人を現場に
育てず昇進し人を通して業績を上げるとき、過去の成功しくみシステムが機能し
ない企業となりその人財のスタート時に企業体質が戻るだけでなく、競合他社が
成長しえいるため、企業の存続さえできない企業があります。10年20年後に再び
経営者に会っても10年20年前と同じ話をされる場合が多い。
この企業体質を変える方法として、経営資源を 組織・しくみ・システム化:認証
取得が少しづつ必ず進化する企業を創る上で成功確率が高い進化のスタートの
手法の一つです。
認証取得しない場合個人パワー、個人ノウハウに依存し、そのキー人財が他の
企業に転進すると存亡の危機になります。また内部統制、内部監査をする上でも
有効な手法の一つです。

認証取得が業績アップとの連動させる方法をコンテンツとして探し更新します。
 
◎日本適性認定協会JAB で2010年6月1日から国際規格であるISO20252に基づく
マーケットリサーチ(市場調査)サービスの認証機関の認定をはじめる。
2006年制定され、海外では市場調査サービスを製品と見なし、ISOに基づいてころを
認証するための認証機関も認定されている。
                        2010.04.30 日刊工業新聞

□日本適合性認定協会

◎マーケットリサーチ(市場調査)サービスの認証機関の認定を行う。 2010.04.23

ISO 20252 マーケットリサーチサービス製品認証機関認定開始のお知らせ及び JAB PD358-2010 「認定の基準」についての分野別指針−マーケットリサーチに関わるサービス−の発行について


◆ISO20252:2006   有効 邦訳版あり(対訳)
   
Market, opinion and social research -- Vocabulary and service requirement
     市場・世論・社会調査−用語及びサービス要求事項



現在の机上解析型市場調査機関の本流は、数値の信頼度検証確認を割愛し、生データを必要な
母集団数調べる時間(担当者人数が少なく組織型で必要数人数を確保できず新人か養成中にまかせ
結果だけを活かす兼任型シニアが多い企業の場合)の工数が想定以上にかかるため現地現場の調査工数を減らす目的で、加工された調査公開情報をそのまま推計修正して(しないところもある)流用し、
蓄積のあるアナログ型解析の方に工数をかけて市場調査報告をまとめる企業が多いのが現状です。
根拠引用数値の信頼度が、完成品(報告書)の信頼度と相関増幅傾向が高い。(現実傾向との乖離の発生量が大きくなる確率が高い)品質信頼度の格差は企業により大きく異なり始めてきました。
一定時間経過後検証確認すると逆の傾向の場合さえ21世紀不連続趨勢の業種では発生することもあり
はじめました。20世紀代の創業年数の長く情報のITによる共有化が進む企業の場合は過去に捉われる傾向が高く、流用きり貼り原稿が多く、報告内容が実務のベテランなら「なにか変だ」と感じることも出て
きています。特に市場エリアの小さい地方型限定型中小企業の場合、広域と異なる右肩下がりの要素
因子が21世紀代でてきたためです。その企業の取り巻く環境も現地現場での推計数値の補正が必要な場合が多くなってきました。

標準化された国際基準以上の品質精度にするために、標準化したしくみシステム、担当者の人の
均質化と連続データの均質化等を内部監査員(第三者も含む)による定期的是正が必要になってき
ました。

報告書の根拠データの信頼度を継続的維持することが、事業展開の存亡に関わる決断のトリガーに
なる時代になってきたためです。信頼度の低い現実と乖離したアンケート結果でさえ「見える化」される
と、価値判断の一定レベル以下の人の場合、「見える化」されたITデータ結果で浮き草のためどの方向
でも誘導が可能な時代が世界ではじまりました。
映像化による強調刺激(3D)で右脳の思い込み誘導により左脳判断操作、風評流布化ツールが身近
で伝播し、大量の玉石混交数情報の自動的に入手でき、潜在脳への感応ツールも生まれてきました。その現実に対応するために日本でやっとISO認証取得はじまりました。現在の規模伝統ブランド等の高品質とは別次元の内容に幻惑されず一定レベル以上の認証取得企業での外部市場調査機関としての選択を推奨します。事業勝ち残りのあめの要素になる徴候がでてきました。
日本が国際市場で勝ち残るために市場調査機関が加速度的に進化を待望しています。


□日本の国際標準化戦略
日本は欧米に比べて、「国際標準化」の取り組みが後手に回っている。
危機感をもつ経済産業省は「国際標準化戦略目標」を定め、国際ルール
づくりに参加する方針を示した。

2015年までに国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)で欧米並
の幹事国引き受け数と、日本による国際標準の提案件数倍増を目指し
直じつに実績を積み重ねている。ただ、欧米との件数の差依然大きい。
もう一段の戦略展開が求められる。

●世界の潮流は、自由貿易を建前に、大国土、大資源、財力、大人口が「ヒト、モノ、カネ」が優位な
時代に入り、世界の微小国土、微小資源、微小民族、財政借金国、富の中間層が減り、低所得層の
多い、高齢化人口減少国家は、知恵、智慧力により、生存に必要な富を海外から潤沢に流入させる
「儲かる」しくみシステムによる超高生産性化超ローコスト化と、低価格に幻惑されず、必要な価格を
維持し、生存に必要な先行投資量も含め世界から必要な富を確保する国家存亡の分水嶺の時代に
入りました。
為替レートが固定の大国が存在し、国の全財産を投入しても、超金持ちの運用資金の一部にもなら
ない国は、為替戦略として、プロの金融政策が20世紀で止まってまだ本質に気づけない国をターベット
に、21世紀型プロは通常価格で輸出ができない国内相場より高くする戦略として、自由の名目のもと
見えない関税障壁を創る「貨幣高」へ誘導できる時代になりました。煩悩優位の人が普通に考える
常識手法で、安く輸入させられ国内企業が疲弊させられる弱小国の弱点の一つです。
生まれた国のハンデキャップとして感謝し、勝てる方法を採ればよいだです。
世界観でプラス発想で考え勝ち残るベクトルの方向は、「儲かる」しくみシステムと必要必達価格を
確保し、お客様満足総量が、低価格、世界標準を上限とした製品商品サービス以上の世界の他の
国以上の高い超世界標準(ある時間経過後世界に標準が高い方へかわる先行標準)を設定して
「本物がわかる人」を対象に、客相を絞り利益の確保に必要な売上だけをきちんと確保すればよい。
小国の最大の強みであることに気づくことが必要です。北欧の国のある国の方法は、多くの経営者の
大企業、富の潤沢な人に手法と視点が違います。視点を変えて、日本国の「よいとこ探し」をして、
強みと規模が小さくてよい、小国企業は上場は不適切な方向に気づくことが勝ち残りの突破口。
大国の弱点、多くの企業の存続のために大量で安く、質は別次元の戦略が永遠に必要です。
企業体質改善を先行化させることを推奨します。日本は国際標準化の先行国になることが、自由貿易
の中で勝ち残る突破口の一つです。農耕民族型「もちつもたれつ」ガラパゴス型で先行実証実験を世界
の販路開拓に活かすことを推奨します。狩猟民族国家の共に豊な人基盤を創る貢献ができるように
なる確率は高い。あなたから未来の日本を創りはじめることを待望しています。
 

 ◎企業の事業展開に関わるISO規格の種類(個別規格は除く)

更新 2010.04.30



日本規格協会  
会社団体のしくみシステムをグローバル化対応したい場合の必読情報
                       内容を業績貢献できるように活かしきれる人材の戦略的育成が必要です。   

◆ISO9000:2005   
  有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management systems -- Fundamentals and vocabulary  

品質マネジメントシステム−基本及び用語  

○ISO9000関連(品質マネジメント)書籍
 

◆ISO9001:2008
   
有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management systems -- Requirements   

品質マネジメントシステム−要求事項

○関連商品 
対訳ISO9001:2008(JIS Q9001:2008)品質マネジメントの国際規格(ポケット版) 
 

◆ISO9001:2000
  
有効 邦訳版あり(対訳)



 

 Quality management systems -- Requirements

品質マネジメントシステム−要求事項  

ISO 9001の2000年版は、ISO中央事務局にて販売が再開されましたので、当ウェブストアでも販売をいたします。ただし、最新版は2008年版です。ご注意下さい。
 

◆ISO9004:2000
  
有効 邦訳版あり(対訳)


 

 Quality management systems -- Guidelines for performance improvements  

品質マネジメントシステム−パフォーマンス改善の指針

○ISO9000関連(品質マネジメント)書籍
 

◆ISO/CD9004:2007
   有効 邦訳版あり(対訳)
 

Managing for sustainability -- A quality management approach  

持続可能性を目指す運営管理−品質マネジメントアプローチ(原案)

2007-02-06付けCDです。
 

◆ISO10002:2004
    有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management -- Customer satisfaction -- Guidelines for complaints handling in organizations  

品質マネジメント−顧客満足−組織における苦情処理の指針  
 

◆ISO10005:2005
     有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management systems -- Guidelines for quality plans  

品質マネジメントシステム−品質計画書の指針  
 

◆ISO10006:2003
      有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management systems -- Guidelines for quality management in projects  

品質マネジメントシステム−プロジェクトにおける品質マネジメントの指針  
 

◆ISO10007:2003
      有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management systems -- Guidelines for configuration managemen

品質マネジメントシステム−構成管理の指針  
 

◆ISO10012:2003
      有効 邦訳版あり(対訳)

Measurement management systems -- Requirements for measurement processes and measuring equipment  

計測マネジメントシステム−測定プロセス及び測定機器の要求事項  
 

◆ISO10014:2006
   有効 邦訳版あり(対訳)
 

Quality management -- Guidelines for realizing financial and economic benefits  

品質マネジメント−財務的及び経済的便益を実現するための指針
 
 

◆ISO10015:1999
       有効 邦訳版あり(対訳)

Quality management -- Guidelines for training  

品質マネジメント−教育訓練の指針  
 

◆ISO10019:2005
    有効 邦訳版あり(対訳)
 

Guidelines for the selection of quality management system consultants and use of their services  

品質マネジメントシステムコンサルタントの選定及びそのサービスの利用のための指針  
 

◆ISO14001:2004
   有効 邦訳版あり(対訳)

Environmental management systems -- Requirements with guidance for use  

環境マネジメントシステム−要求事項及び利用の手引

○ISO14000関連(環境マネジメント)書籍
 

◆ISO14004:2004
   有効 邦訳版あり(対訳)
 

Environmental management systems -- General guidelines on principles, systems and support techniques

環境マネジメントシステム−原則,システム及び支援技法の一般指針

○ISO14000関連(環境マネジメント)書籍
 

◆ISO14015:2001
   有効 邦訳版あり(対訳)
 

Environmental management -- Environmental assessment of sites and organizations (EASO)  

環境マネジメント−用地及び組織の環境アセスメント(EASO)  
 

◆ISO14021:1999
       有効 邦訳版あり(対訳)

Environmental labels and declarations -- Self-declared environmental claims (Type II environmental labelling)  

環境ラベル及び宣言−自己宣言による環境主張(タイプII環境ラベリング)
 

◆ISO14024:1999
   有効 邦訳版あり(対訳)

Environmental labels and declarations -- Type I environmental labelling -- Principles and procedures  

環境ラベル及び環境宣言−タイプI 環境ラベリング−原則及び手順  
 

◆ISO14031:1999
       有効 邦訳版あり(対訳)
 

Environmental management -- Environmental performance evaluation -- Guidelines  

環境マネジメント−環境パフォーマンス評価−指針
 


◆ISO19011:2002
       有効  邦訳版あり(対訳)
 

Guidelines for quality and/or environmental management systems auditing
品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針  


◆ISO20252:2006
   有効 邦訳版あり(対訳)


 

Market, opinion and social research -- Vocabulary and service requirement

市場・世論・社会調査−用語及びサービス要求事項

◎日本適性認定協会JAB で2010年6月1日からマーケットリサーチ(市場調査)サービスの認証機関の認定をはじめる。
 


◆ISO22000:2005
    有効 邦訳版あり(対訳)

 

Food safety management systems -- Requirements for any organization in the food chain

食品安全マネジメントシステム−フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項  

◆ISO22005:2007
    有効 邦訳版あり(対訳)

 


Traceability in the feed and food chain -- General principles and basic requirements for system design and implementation
 飼料及びフードチェーンにおけるトレーサビリティ−システムの設計及び実施のための一般原則及び基本要求事項

 

 

 


 

カテゴリ一覧
ISO監査の評価事例
ISO監査の監査の評価事例
ISO定着で経営組織が変わる
組織力の高品質化均質化がテーマの中小企業の経営組織をISO取得を活かし変革のプロセス
ISO管理項目の数値化テーマ
ISO内部監査時の評価する手法として、問題が発生する可能性のある要素を企業ごとに数値化(仮説)し、都度修正し判断精度を上げる。アナログ的評価による個人格差の排除が重要なテーマです
認証関係機関を知るc
認証に関係する機関、認証取得のために企業のシクミ・なかみをシステム化し日常徹底できるようにする。システムの変化に対応した推進人財が連全員徹底行動できるためのレベルアップが必要条件になります。最適成長の方向を知ろう