開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

経営人材システムの評価

■経営人材システムの評価

TOP >カテゴリー一覧>経営人材システムの評価





「自分を変えて、自社が変わる価値判断」の内容を指標化して、アナログ的要素も
デジタル化・数値化して、客観的判断を出来るようにすることが、突破口です。

複雑企業で、膨大な因子(人間の細胞的)を持つ企業を体系化し、その組み合わせを、
ランクアップ(成長)させながら、次の目標を達成するための軌道を乗り換えできる
総能力量(ポテンシャル)を総合的な角度から先行計画しなければならない。

今までは、業界・環境・規模・世界の成長格差等で総合環境が海外発展途上の国が多くプラスに働き、従来の経験だけでも成功してきた。

ネット社会になり世界の人財の成長スピードは加速され、従来と比較にならないスピードで高いレベルで均質化し、「人の数」「経営資源」を豊富に持つ国々が、日本とのレベル格差を縮めて追いつき、追い越し始めてきた。20世紀代と様相は異次元になってきた。

現在のように、世界市場へ拡大する発想は、「流通業の店舗数を増加させながら利潤を確保し成長し、進出エリアの競合店が強くなると、赤字・撤退をし、本店さえ、存続できなくなった。」姿と類似傾向が出始めた。
進出国の競合他社(その国の企業+他国進出企業)が台頭し、想定以上の勢いで、そのエリアのシェアを占有してきたとき、景気右肩上がりの新進出国を探し続ける可能性がある。強者の中で生き残れる企業体質にし、他のエリアでも確実に利潤を上げることができる企業へ転換戦略の時期が始まっている。タイミングを失敗するとバブル期の世界土地投資のように世界からの撤退の時期が想定外に速いかもしれない。

強い体質を持つ常に企業成長を右肩上がりにする世界規模の企業の数を日本に
創らなければ、日本自体の存続さえ憂慮しなければならない時代が近づいている。

どのような周囲の環境でも常に成長できる成功確率の高い方向(経営戦略・経営計画・実践等)を選択し続けるためには数値化し、計画軌道がプラス・マイナスかを明確化できる標準(基準)と差額をコントロールし、その変化を常に確認できる羅針盤を創ることが
着眼の一つです。安定した規模に変化に応じて体制を変える強い企業になることができる。

その数値化するための参考書籍として
 ・日本規格協会の「企業革新を導く経営システムの自己評価」
  
編著者 長田 洋/経営システム評価研究会  
  この書籍をテキストにした、ご相談窓口
  
    クリック →  日本規格協会 へ”書籍名を言って”ご相談下さい。 
 

 ・「中小企業のための企業体質改善方法・5SとISO9000から
   効果的TQM導入事例」 日本規格協会 
は手がかりの一つです。


他の情報も付加して、A志援では、自社を永続的存続企業にしたいあなたに役立つ、
X軸・Y軸・Z軸の因子(要素)と時間軸の推移の変化を診る評価指標をまとめました。
定期的に内容を追加更新します。

自社の成長因子を選び、さらに具体的詳細内容を付加して、自社固有のものを是非創っていただき、
永遠に継続をお薦めします。自社独自のソフト・他社でつくるソフトを見極め
コンピュータを人間の記憶の補完として活かすことが戦略の一つになってきた。因子の数が、成功確率と
相関がある。

 

時間軸で因子(要素は)を活かすのは人財です。人財成長志援情報として、進化を続ける一流ノウハウを持つ機関・企業・学校を選び情報をまとめました。

本物情報
ばかりを重点に観ていると、モドキ・贋作・マイナス情報取捨選択できる
眼(め)・正しい価値判断力が無限に成長しはじめます。




◆因子(要素)を機能別にまとめました。(4つに分類)

 


◎A志援
では 企業の要素を三次元の理論を採っています。

 ・人財・組織の成長着眼は実現スピードは単位時間内の実現するための条件を
  達成できる実践・実戦量として捉えます。
  構成人数が多いほど、同時  並列進行ができ、総実戦量は 個人の想定できない
  ものになります。

 ・Z軸の軌道は、企業の目的を実現するための、長期・中期・短期の経営戦略・
  経営計画の従い推移します。

 ●X軸、Y軸、Z軸の具体的要素を自社の成長する重点因子を数値化して、「経営
  業績評価指標」が変化し、目標差額が拡大し、目標未達成確率が高くなると感
  じたとき、想定していない因子が原因かなら追加すればよい。自社固有の因子
  がある場合があります。
  仮説の数値目標が低すぎたら修正すればよい。外部環境が乱高下しても、計画
  通りに推移できる企業体質ができてくると外部環境の乱高下が、吸収できる緩衝
  機能が働き、業績はプラス領域で推移できるようになります。
  経営羅針盤の見える化をして観(診)えて決断するめの具体事例の一つです。
  企業の優位因子順位で連動する末節型因子は業種企業規模等でことなり
  あなたの企業の成長過程と相関がある確率が高い。

  コンピュータの見える化データがはやりですが、見える化の因子をキチント確認
  指定しなければ、あなたの会社の羅針盤ではなく、他社の羅針盤で、進路の誤差
  がでる確率が高い。大企業型ソフトそのままでは、中小企業の場合補正が必要
  な場合があります。 限りなく精度を高めることができる自力本願の方法の一つ
  です。あなたの企業が持続的に勝ち残る企業になり日本の税収アップに貢献
  企業にならることを待望しています。

     

1.経営業績評価指標

 


今の企業の状況を評価
  (結果系)

 
◇経営業績(アウトプットとアウトカムの成果数値)
 ◇アウトプットの構成因子 
 ◇アウトカムの構成因子の成果


●結果が悪いのは、事業展開の何かが、核心から乖離している
だけです。日常の打った手が原因となり結果がでているだけ
です。想定以上の外部環境のためという他人責任思考より、
リスク管理の追加因子を付加し、短期で、業績を回復する行動
を推奨します。
 

2.経営軌道誘導制御因子
    (Z軸)
 


Z軸:実現へ向かうための因子
  
(変革方向づけ) 
 
◇経営理念
 ◇ビジョン 
 ◇リーダーシップ 
 ◇戦略 

 

3.経営実現能力因子
     (X軸)


X軸:経営資源に関する因子

      (フロー・ストック・ソフト基盤)
<人財群・組織の機能発揮に関する因子>
 

4.経営マネジメントシステム因子
      (Y軸)


Y軸:経営のプロセスしくみ因子

       (プロセス・マネジメント・ソフト)

 
 

  
    

 

  

 

カテゴリ一覧
経営業績評価指標
今の企業の状況を評価(結果系)◇経営業績(アウトプットとアウトカムの成果数値)◇アウトプットの構成因子 ◇アウトカムの構成因子の成果
経営軌道誘導制御因子(Z軸)
Z軸:実現へ向かうための因子(変革方向づけ)  ◇経営理念 ◇ビジョン ◇リーダーシップ ◇戦略 
経営実現能力因子(X軸)
X軸:経営資源に関する因子(フロー・ストック・ソフト基盤)<人財群・組織の機能発揮に関する因子>
経営マネジメントシステム因子(Y軸)
Y軸:経営のプロセスしくみ因子(プロセス・マネジメント・ソフト)