開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

A志援人材人財の価値基準

■A志援人材人財の価値基準   080313

 
TOP >カテゴリー一覧>A志援人材人財の価値基準




更新 2013.04.24

  A志援は世界観視点から、世界の超富裕層(人・国)の
 外圧の中で勝ち残る布石を打てる企業が多数生まれる
 確率の高い精度の高い情報源の役割を目的としています。
 日本を事例にしていますが、あなたの国の環境に置き換えて
 あなたが、自国をすばらしい国にするために、自国の情報を体型的
 整理整合させると、同様に成功確率の高い精度の高い、本流の中
 での制御人財になることができる基本定石で整合させてあります。
 まだ後進国グループの国が、先進国に比肩したい場合、先進国で
 組織優位が反転し個人優位(価値ベクトル無限)になり、貧富の差が
 2極分化し、低所得層の人の数が65%を越え多数決だけを決定手段
 (有権国民の投票方式)の国にも応用できます。
 21世紀は数がすべてを決める株式数、賛成数も同等柔行動型優位な
 組織の場合、剛行動型の中で本流を歩む場合は180度逆の方の順位
 の強制・強圧方法へ読み換えるとプラス領域へ換える確率は高くなり
 ます。 

 A志援サイトを探し当てることの出来たあなたなら、無限の
 すばらしい潜在能力(火事場のバカじから「力})を
 日常行動の中で発揮し、実体行動(汗をかく)が起因で傍、
 周囲、組織、大組織の今の本流の潮流を活かし、直実に
 人の価値基準をプラスに変え、行動ベクトルをプラスに変えた
 人の数を変え始め、想定以上のプラス領域の結果がでる確率
 が高くなるために必要な総能力量を増分できます。
 あなたが増分し、パワーを発揮の起動が働くためのトリガー
 (引き金)が多様に準備してあります。
 机上だけの間接行動の人は、他の情報氾濫の中で、サイト価値の微差は
 90%以上の人は気づけません。実務家(直接行動の人)は55%以上の人
 なら、人生で通りすぎた成功体験時の価値基準から気づけます。


 一つ一つ汗をかき行動し、実績を上げ、成功体験を積み、より高い壁を
 超える(破るは他力でり、環境の運・博打と同等の現象で再現率は30%
 以下の確率です)挑戦行動を持続する人だけが気づける、あなた固有の
 一本の光明が観(診)えてくるトリガー機能が起動するようになっています。
 私が四面楚歌で壁を超えるためにもがくとき、一本の光明と、気づけなかった
 周囲の智慧、人がプラス領域へ導く総能力量を補完し、できてしまう現象が
 でます。机上優位の要領でプロセスを真似ても、環境、人の成長は同じで
 なく、価値判断順位を換えなければ最適でないため、壁がある高さ以上の
 周囲に先例のない(世界には先例は99%あります)場合は、再現確率は
 10%以下になりました。プラス領域の結果ではなく、マイナス領域の下限
 で処理し、総合的な金銭的損害が想定以上になる結果で終わります。

  ●人の集団組織は、その集団組織を動かすし60%以上を占める優位な
 共有する価値基準。行動基準が増幅拡大され、人が操縦するロボットの
 ような巨大な想定以上のパワーで世界に行動す原因と結果を出し、地球
 宇宙のバランスを累積的に変えることができます。よい種を蒔けば、子孫に
 すばらしい収穫をもたらし、その他の場合は、子孫を滅亡させることさえ
 できます。人の一生は長くて100年程度、その中での脳を機能させきれない
 人は、過去の偏向を補正した真実の歴史の人物評論をすれば誰でも良い
 原因、悪い原因で、どんな結末になったか見えます。事実を直視すると、
 今、何から行動をはじめるか観えてくる確率は高い。過去の人の影響範囲
 一万倍以上に増幅した集団組織となり、科学の最先端ツールを使用すると
 現在でも地球軌道を太陽系から開放することさえできるようになっています。
 正しい、プラス領域の人格基盤を1歳〜10歳までに60%以上することが、
 子孫繁栄に必要十分受験であり、一流人罪・超人罪(建前・人に見える舞台
 では人財もどき、本音は逆で、多くの集団組織を悪貨に大量に短時間で
 変える行動パワーがある)を、早い芽でクランプし、180度正しい領域へベクトル
 を向けて、見守り教導しながら育てると、一流人財・長一流人財に変えること
 ができる確率は高い。普通のマイナス領域の人在、人罪は、マイナ行動が
 でないように周囲集団で抑え、プラス領域の量を増加させるために、小さい
 成功体験を累積できるよう教導誘導志援をすれば、プラス領域が多い人在・
 人材に成長できる確率は高い。「よい種を蒔けば、よい収穫ができる」

 今のあなたの環境に柔行動型優位で実績を上げ続けるためには、現実社会
 では 本流の中で活躍することが必要条件です。実現確率を上げるためには、
 ある要素を修正する行動のために 「ムリ・ムダ・ムラ」行動が必要条件です。
 机上なら誰でも「ローマは1日」でできます。現実は、総能力量が成功できる量
 を超えなければ、長期間かかるか、挫折し、他に責任を転嫁して正当な理由を
 つけて、その場を去り、自己責任を回避する行動をするだけです。
 TV等の日本国規模組織にもかかわらず、小規模組織と同等感覚で、机上の
 人行動(起因)により多くの傍を走らし結果を出さず、辞めてまた別な環境で
 繰り返す他人責任型しか採れない人格現象になります。行動トリガーを発生
 させるための価値帯域のある部分が欠落しているか、ゼロに近いためで、周囲
 が何か変、意見具申 (他力)しても気づけないため、その人が自分で変わるまで、
 建前行動で瞬間変えた ように見えてもある時間が経過すると、元に帰る確率は高い。
 本人はいつも最適行動をしていると錯覚しているだけで、価値判断がマイナス領域
 にいる人の行動現象の一つです。本人は一所懸命の場合はドンキホーテ現象の
 一つです。
 自分が汗をかく行動をすると、プラス領域の正しい行動をしたくなり、自分の行動を
 変えたくなるとき、行動しなければイライラする現象がでてきます。その人の蓄積した
 顕在脳の知識量(世界観量、国家観量)が、今の問題解決ができる総能力量に達した
 徴候の一つです。行動を起し、周囲の組織のベクトルの本領をプラス領域方向の総量
 をプラスにかえる、組織、周囲の活かし方で周囲が変わる時間は個人格差があります。
 一度成功すると、そのプロセスのムダムラムリにかけた時間を、より効率的、重点的に
 カイゼンすると想定以上の速さで短縮できます。同一の症状の拠点で、前回の1/2に
 短縮目標を立てると、全プロセスの行動体験を集約したあなただけが想定以上の
 の楽さで再現し、前回以上の想定以上の成功実績がでる確率は高い、人には、
 不思議な能力が平等にそなわっているようです。一部を担当した人、机上の報告結果
 共有情報だけでは再現確率は45%以下です。問題解決の総責任者でない場合は
 総責任者の時間のかかるムダ、ムリ、ムラを黒子として代行し、現場の制御型人財
 として、総責任者が成功させるプロセスにすべて関係し、すべての成果を総責任者が
 したようにする、汗をかく部分の累積が、高い壁を超えるときの訓練です。訓練量で
 実戦の場で、阿鼻叫喚の中でも平常心で、周囲の組織をプラス領域へ導けます。  


 世界に比肩し超え日本の国力を強める安心成長黒字企業の数を 
 着実に 増やし、日本国政府を潤沢な財政し、世界環境で比肩し
 勝ち残る体質創りを最優先にします。
 

情報量「ゼタの時代」とは、公開情報(合法的入手超人財の輩出)、非公開情報
(非合法的入手できる超人罪も同数成長しています。)を誰でも、どこでも瞬時に
目的的に仮想空間で活用できる確率が高くなりました。世界規模の情報量・質
格差は、短期で拮抗できる段階の機能が21世紀前半揃ってきました。
また、国家単位規模を超える集団組織が超潤沢な資金を自 に操作して、60%以上
の人を自在に誘導し多数決ルールの本来の自助補正機能できる段階から、優位に
目的的誘導が出来る徴候が世界で観(診)える段階から誰でも気付ける社会現象
として見える徴候頻度が増加してきました。

21世紀後半、17世紀の代の先進国が地球内で世界大航海により、領土拡大をした
同じ手法を、地球内剛型行動から、宇宙間規制がない今、地球人は 宇宙を無限の
領土として拡大競争に入る徴候がでてきました。
地球内領域だけなら地球人自己責任で処理できますが、すでに100%人間が制御
できない技術が多数生まれ、人間の遺伝子レベルの復元できない操作をする技術
さえ、生まれてきました。
地球人の、宇宙に大量に排出した、大量の宇宙ゴミは地球成層圏で燃え尽きない
宇宙隕石と同等な人工隕石となり人の生活環境や地球影響へのマイナス頻度が
増加する確率が高くなる時代に入ります。そろそろ、地球環境議論レベルから
宇宙環境レベルへ視点を変える必要が地球の未来に必要な段階になったようです。

すべての時間的変化させ物をを変化操作できる機能を持つているのは、人だけ
であり、「あらゆるプラス領域量を多くすることが出来るのも人」、「マイナス領域を
多くし人が制御できない分野を操作し、復元できない領域を操作してあるマイナス
下限以下になった想定外の地球への人災がはじまります。今でさえ人動物を
生存ゼロに一瞬で地域を壊滅できます。その後短期間で人動物の生存環境の
復元できません。遺伝子レベルの部分的人工操作が、若い生殖能力のある人
が残す子孫の人が多数マイナス領域変異したとき、もとに復元できない分野も
急進化をはじめました。すでの宇宙の中に地球軌道をずらし、永遠に宇宙を
さまよう地球にできる技術さえ揃ってきました。
世界の人の数が、人間の尊厳とは何か、プラス領域の多い人類行動ができる
人の数を60%以上育てる布石を打つことができるかどうか、現在今育つ若い 、
世代がすばらしい子孫を残すことができるかどうか存亡にかかわる役割が
明確に観(診)える段階になってきました。
すでに社会現象の中でマイナス領域が多い行動を普通にできる人が見える
頻度徴候が出てきました。多数化した浮き草タイプの刹那判断行動する大人型
子供が増加し、大人が子供レベルの人の想定外の異常行動を普通にはじめ、
20世紀代はまだ、突発的偶然要素と判断されていました。
21世紀代前半その人の属する集団組織を分析すると、想定外の多数に影響する
人災を発生する必然の徴候があり、60%以上の確率で、ある最低レベルの人を
含む集団組織に発生します。
実体社会の今は、過去蒔い種の質・量で決まる、因果相関の原理が宇宙にある
ようです。個人段階なら人災影響範囲は狭域ですが、集団組織の増幅機能が
働くと、合法、その時の非合法で「何でもあり」現象で、金融・IT犯罪のように
被害者は、瞬時に死ぬより長期間生き地獄の奈落へ突き落し現行法では、
軽犯罪程度、返済責任は過小で、情報公開の建前で真似したさらにマイナス
領域を増やした再発進化を誘発します。

現在のあなたの地域の大人社会の中のプラス領域行動の多い人の数と、
マイナス領域量行動が多い人の数を比較して、その集団組織の中の財数
人罪数分布を分析すると集団組織の行動の結果はプラス領域量が多いか
少ないか観(診)えてきます。世界視点で、先進国後進国と相対比較すると
近未来、どんなへ結果が始まるか、情報量「ゼタ時代」普通の人でさえ、
何か感じる予兆機能を人は持つている人が世界に分散しているようです。

時代潮流に適応して活躍する組織人財(制御型人財)の最適経営資源を
生かし切り経営者・経営陣の代行機能(黒子)として 市場規模・企業規模
・組織規模の実体社会の中でにふさわしい必要人数が多数輩出して多数決
をプラス領域量が多くするプラス領域方向に実体社会で軌道制御で総能力量
を持てるきることを目指す成否の分水嶺の時代になりました。

無限の変化に挑み、パイオニアとして成長を続けようとする総合性・専門性
両面の世界標準以上の成長が必要十分条件です。


情報量「ゼタの時代」とは、公開情報(合法的入手超人財の輩出)、非公開情報(非合法的
入手できる超人罪も同数成長します。)を誰でも、どこでも瞬時に目的的に仮想空間で活用
できる確率が高くなりました。また、国家単位規模を超える集団組織が超潤沢な資金を自在
に操作して、60%以上の人を自在に誘導できる徴候が観(診)える段階から誰でも社会現象
として見える徴候頻度が増加してきました。

21世紀後半へ向かい人間の尊厳を意識して、すべての未来の子孫への種まきは人だけが
できます。集団組織の増幅機能をプラス領域量・質多くする方向へ、構成するあらゆる分野を
自分のプロ化した分野の制御型人財機能を発揮し、与えられた無理難題(先人にノウハウが
脆弱テーマ)の未知の分野に挑戦してみてください。基本プロセスは70%以上、過去の成功
体験が生きますが、業種業態が異なる場合、人の制御の手順は、過去の優先順位とことなり
現地現場の総能力量で固有の違いがあり、修正が必要です。創市場創客は、業種業態の
成長段階、拮抗した競合組織集団の成長レベルで近い、優先順位の修正が必要です。
修正内容、最適手法を選択できる成功確率を上げる方法は、最低3つ以上(晴れ型、曇り型
雨型)の成功体験、体系化ノウハウを相対比較しながら、より実体行動で、成果が出るものを
選択できる段階になると、成功確率は同じ人でも変わってきます。
もの高額投資とは別次元の、あなたの驚愕レベルの自己成長に気付き自然体で行動できる
柔型行動領域になると、傍のひとは、プラス領域量を多い行動がしたくなる、共鳴共振共働
機能のその人のエンジンが始動をはじめるため、みんなの力でできたように、他の人が、
自分が主役と感じ、全員主役として、その持ち場を行動させる制御機能を仰角を高くできる
黒子機能が発揮できる段階になります。人が成功体験累積で生き生きしたしてきた姿を眺め
やってよかつた一瞬の満足感に浸れます。すべての成果は日本的ワークシェアリングと、
上司役員だけ金銭、実績が評価され、時々、最優秀賞で待遇はお茶をにごされる(極度の
プロ行動は、評価しない日本の風土があり、経営者に嫌われるので、出る杭になりそうな
場合は、上司に成果を譲り、慎重な行動が必要条件です。経営者の価値判断を意識して
日常の行動を慎むことが肝要です。多くの制御人財が集団組織で排除されましたが、
あなたが制御型人財として存在価値があるのな、今ある集団組織で自然に累積実績で
出来るだけです。他の集団組織で、同様な行動が出来るには、その時の経営者、経営陣の
総能力を補完機能として3年間以上活用できる、年齢は35歳までです。紹介派遣業として
の実証検証で、長期的に、転職3年以降で、その会社で活躍できた人が微少である確率が
高いことに気付くことです。2年程度で、その時に経営者に行ってもムダであることに気づい
ても後の祭りになります。
制御型人財は、常に本流に帰属し黒子とし最適行動すると、その集団組織の所属できる
定年まで全力で活躍できる確率は高い。第二の人生は、新しい集団組織で、その組織内
の補完機能として、若い人材を多数育てながら業績貢献できる確率は高い。
  
  あなたから
 与えられた経営資源を活かしきり、現在ある先人の知識智慧技術技能を
 活かす人財が 短期・中期・長期段階に応じて多く輩出するために役立つ
 コンテンツを提供します。

 
コンテンツを起動トリガーの一つにして成功領域(プラス領域)方向の
 ベクトル方向の総量を増加させながら歩むことを待望します。


  高度な専門性、高度な総合性、業績が上がる、高効率な実践・実戦内容を、
 進化し続ける先人の事例(公開情報)をまとめ、更新します。
 さらに、詳細内容に接する場合は、その企業と接点を創り、共に成長を
 お薦めします。

   A志援のサイトの内容に 共鳴・共振・共する方は、上手に必要なテーマを
  ご活用され、次の段階への成長発展のトリガー(引き金)になるよう祈念して
  おります。


  人間の成長は、100パーセント以下の負荷(楽な状況)では、成長は 個人の
 蓄積した潜在能力に依存し、60歳を越えたとき、自分の成長可能性の芽を
 摘みすぎて、小さくまとまってしまつたことに気づきます。
 その人間の成長格差は大きく、21世紀は情報がWebにより短期に一定レベル
 まで成長できるようになり、知識格差は少なくなり、世界の人財の成長標準の
 遅れる日本人の比率が増えてきています。(ゆとり教育で過負荷出来ない
 人間の数が多くなり過ぎました)


 130パーセント以上の過負荷をかけると、今までの成長段階の現状を点検し、
 不足を補完するプラスαの必要性に気づき、「何かをしなければ」という起動
 タイミングになります。今までのままでは実現確率ゼロに気づけます。
 このプロセスの成功体験の累積が価値判断視点の増量期間を短縮します。

 成長企業は、次の成長指針を示す目的で、次の突破口になるOFFJTを準備し
 て、個人の成長を加速志援しています。自社のシクミ・システムを縦横に活かして
 下さい。A志援会員サイトの情報は、あなたの企業の他の人より速く成長できる
 方向性を多面的に提示しています。 

 もし、あなたの企業に、成長を見守り、志援するシクミ・システムがない場合
 自力で壁を破らなければなりません。
 A志援サイトの情報は一つの成長のトリガー(引き金)役となります。



 企業の成長は、人材・人財の成長がなければ、現状維持型から、競合企業の
 人材・人財成長スピードと格差が生じ、市場から退去させられる場合もあります。

 戦略的人財育成策を見直す”あなた”の情報源としての役割と、
 自分からまず変わりたい”あなた”の情報源になるようにしました。 

 実戦行動により、その時点で最善を選び行動してもその時の自分・周囲の総能力量
 が不足するとその時の目標を達成できる実現量は3割以下の人が55%以上です。
 出来ない原因を周囲の責任にして逃げたい煩悩がいつも無限に発生します。
 「出来る」と志を持ち、持続的に視点を変えながら実証検証行動を続けると、ある時期が
 来ると実現する確率は高くなります。過去もしも周囲の能力で中途半端に実現出来てしまう
 と自力以外の傍の追い風作用のためで、今の成長レベルの自分とは、はるかに低い
 レベルで、自己満足していたことに気づけます。若い時代に慢心し、すばらしい成長の芽
 を摘んでしまう多くの先人がいます。要領のよい世渡りも自分が選ぶ道。A志援サイトに
 来訪確率はゼロに近い人群、A志援サイトへ来訪された方は、何かを探していた結果です。
 いつも超一流、完璧段階と相対比較し、まだ不足している部分に気づき、ハングリー感の炎
 を持続し模索する行動姿勢は「開眼招福」の方向へ向かう一つの方法です。
 「よく、なぜそこまでやるのか」と周囲に言われても、自己との絶対比較基準が高ければ
 平常心で行動できるときがきます。挑戦に対しウズウズ楽しくなる湧き上がるエネルギー
 を感じる生き行動できる自分に感謝できる段階がきます。

 延命の健康管理を万全にすると、今に感謝出来る段階が来る人に与えられた「塞翁が馬」
 の人平等のゼロの原理により 「先憂後楽」 プラス領域が優位の時が来る確率は高い。
 身体脳回路が寿命を尽きるまで正常で機能し、時間軸でより高度機能を維持できる
 ことが高齢社会の中で若い世代と共存共栄できる生き方の一つになります。

 過去もし「どうしてもうまくいかない現象」があれば、未来のあなたのために欠落して
 いる総能力量を補充するための成長量を時間軸で創ってくれている確率は高い。

 「剛行動」型」の行動量から、「柔行動型」の行動量が優位に変わり、時を待ち、縁ある
 ように見えて、縁がない人に錯覚する時期が過ぎると、共に豊になるために縁がある
 人がある時点から「自分が気づかなくても集まりはじめ」、急速に志の実現が無理なく
 出来はじまる段階がきます。汗を流し、必要な模索(ムダ)を汗をかき実戦反復行動
 をしながらテーマ解決の実証検証を持続することを推奨します。
 世界には、同様な波長(共鳴・共振・共働)を持ち同様な行動方向を採る人財が無限
 に周囲にいたことに気づき始めます。あなたの周囲にいます。

 気づくことができるのは、あなたがより高い視点に立つと気づく「高いところから
  下界を見下ろす」現象と酷似しています。

 

◎戦略、戦術、戦闘の原理

 ◆戦略(人の知識:仮想・仮説と確率論の世界) 
   
机上で上限のない思考が可能。事業は経営資源の有限限界で実現量上限は 決まります。
         事業計画は 環境条件の中の実現確率を高くする机上の確率論の世界

 ◆戦術(設備、しくみ、システム・ITプロセス制御 デジタルの世界)
   
科学、IT、ノウハウの集約、ツール、総合設備等、投資量で上限は 決まります。
    科学、IT、ノウハウの累積が持続する限り、上限は無限に高くなる確率は高い。
    人は、上限以下で、その機能を発揮できる世界。複数の戦術を組みあわせると
    補完補填相乗効果で総機能の上限は高くできます。ただし、人の能力を超え
    組織の総行動能力で機能し、その上限以下になります。
 

 ◆戦闘(人の行動に起因する世界、実体アナログの世界) 

        1名の人(アナログ)が戦術(デジタル)の上限まで機能発揮できる確率は低い。
    2名以上の人の集団・組織(補完相乗的アナログ)は、戦略実現のために、戦術(デジタル)
    を整合活用し、最適活用すると、組織の戦術は、補完相乗的デジタルとなり、戦略目的
    に近づく。戦略目的を達成するためには、基幹戦術で7割以上の業績をあげる戦術の
    組合せと、その戦術の上限の80%以上の機能発揮できる人の成長と、規模実現のたねの
    120%以上の人材数が必要です。

    戦略が実現しないのは、戦術の総合組合せ機能の80%以上を発揮できる人の数が不足
    し、人の総能力が少ないだけです。戦略的人材育成のベクトルと、業績貢献に必要な組合せ
    た総合発揮の組織組合せのための部分人数が、不足し、総組織力を発揮パワーが不足
    しているだけです。


 
◎伸びる企業かどうかの問診と現場の人の動きで観(診)える原理

  1.企業の業績(数字・デジタル・客観)と、成長過程(固有・アナログ・主観)
    晴れ(○)、曇(△)、雨(×)の結果と、成長過程から原因・結果関係を観(診)る。

  2.戦略の現在と3年間隔で違いを成長過程逆算方法で観(診)る。

  3.企業の全部門の戦術の組合せを観(診)る。
   部門ごとの各戦術の上限と総合組合せでの補完相乗機能上限を観(診)る。

  4.各部門の業績貢献をしている30%の人の成長度合を総合的に観(診)る。
   問診で思考感度の帯域の幅、感度の高さを描く。最高業績者(個人・業績数値貢献者)
   と組織の最高業績者(組織・最高給:業績貢献とは別次元企業の評価基準が観(診)る。
   2つの帯域から、他の30%の帯域を描くと、組織力の補完、補填の現状が観(診)る。
   日常の行動、判断尺度は、性格能力判定の質問を応用し、その数値を描くと、本音と
   建前の使い分けが観(診)る。
   部門業績がなぜ晴、曇、雨と人その組織で微差が大差の業績になるのか、見えてきます。
   最初に最高の晴れ(○)部門を綿密に分析しておくと、その他の悪さ加減が、明確に観(診)ます。
   雨部門は、どうすれば、よくなるか、方向が観(診)てきます。

   本物を徹底的に見ていると、贋作を瞬時で感じられるときがくる原理と同じ、常時安定した業績
   貢献する人は、見えない行動をしているだけで、その違いは、その他の人を問診すtれば、
   その本質が観(診)てきます。その業績貢献する人の、人脈、人組を見て、その人が組織優先
   で黒子(制御型人財)役をし、組織の全体最適業績貢献へ貢献しているかを見ると、最高業績
   貢献者の実際の指揮系統が、問診内容と矛盾した場合は、短期で曇り、雨へ変わる確率が
   予測できる場合があります。

   5.戦略は瞬時良い方向へ修正改善できる機能を持っています。(短期で出来る。)
    戦術は、投資能力で、1ランク機能上限が高いものに変更することができる、資金余裕次第の機能が
    あります。(短期でできる。)
    人は、全社の人組みの分布と、個別戦術活用能力レベル、組織の業績貢献優位戦術の活用レベルを
    表に描くと、基幹部門の全員と他の部門の上位30%で戦略的人材育成により、安定業績組立てが
    できる人組みをOFFJTとその定着型OJTの組合せサイクルの反復で必要人数の120%を揃える。
    (企業の経営陣の意思で、中期、長期、できない場合があります。オーナー企業に多い。
     人組みが不完全でも、小規模の場合兼務で補填補完することもできるので、現有力の組織最大
     パワーが発揮できるように、微調整して対応する。)

   6.戦略の方向が決まれば、戦術の改善期間は、現在のままで上限に近い機能発揮をさせればよい。
    人材数成長を待たず、組織最適化を意識して行動をはじめると、前より組織能力を発揮し、現場での
    自己の自己啓発方向が明確化されていると、OJTの中で成長する人数が増える確率は高い。
    戦略的人材育成のしくみが機能を始めると、成長スピードが加速されてきます。

   7.以前と一ランク上がった業績貢献ができるはずですが、もしできない場合は、拮抗する競合企業の
    総合的戦略戦術戦闘の成長スピードが上だった確率が高く、社内の相対比較の軸を、拮抗する
    競合企業以上に成長するために外部との相対比較を明確にする要素を付加すればよい。

                           
  

    企業の業績貢献人財として活躍される皆様が 自分流に活かす、情報源の一つとして、
  「開眼招福」のために活かしきり、あなたに共鳴、共振、共働する人財を短期で養成
  する情報源として活用してください。
  あなたが、社内の制御型人財として、 あなたの会社から、世界に比肩できる、日本国の
  安心税収に貢献できる企業へ変わり、あなたの周囲の会社から連鎖により、多数の
  同様な会社が輩出することを待望して います。
    


選択基準 
   財政破綻から再生する「日本国」を実現できる超人財の多数輩出。
  「経営判断の優先順位」は、政治・宗教・主義等の価値観は除いてあります。
    日本語の理解できる日本人外の人財は、政治・宗教・主義等が優先する      
     国に属する場合、必ず自国自社の価値判断に選別修正し、自国の価値判断に
  合わせて下さい。常に国の本流で活躍する人財成長を待望するからです。
  必ず補正をお願いします。未来価値判断が変化する都度補正し「時」を待ち
  十分以上の準備期間が成否の分岐点です。実行量差は誰でもわかります。

  「知行一致」実戦(実戦)の場での行動軌道の変曲点を超え、仰角を自分
  に合わせた角度を選択できる原理・具体的方向性等汎用型のコンテンツです。
    
  集団の価値判断が 「何かおかしい?何か変だ?」と感じたときは、
  まず世界標準から検討すると具体的違いが「診え・観え」てきます。
  あなたから変わり、周囲を少しづつ変えるトリガーの役割ができる先導役と
  なるときに役立つコンテンツにしてあります。

  「剛行動型」で潮流を変えることは、主客が逆転するだけで、ある期間経過すると
  次の「剛行動型」により主客が逆転する。共に豊になりたい志は永遠に達成
  確率が低い行動であることを歴史・先人が無限の実証事例で示しています。

  21世紀も人間世界に「どもまで続くぬかるみぞ」。そろそろ「柔行動型」優位の
  行動をする人が世界の55%以上になるようあなたから行動領域を脱兎の如く
  「柔行動型」領域へ移動することを待望しています。

  人間が自ら招く生態系破壊の累積に対して、人類地球が気象異常(普通)
  として悲痛な声を出し初めました。ますます、人間による人類生態系の破壊
  スピードは加速されてきます。生態系を善循環へ切り替える変曲点は今です。     
    このタイミングがズレルと2度と復元できない悪循環に入ります。宇宙間条約
  規制はまだありません。人類滅亡のカウントダウンを止めることができる、
  多数の人財の輩出に役立つ「気づき」で啓発を促進するための情報源の
  一つになることを目指しています。 


■「A志援-人財.com」サイトを今、問題解決したいテーマから探したい

  「トップページ」から探すことを推奨します。   


◎「選択基準」をもうちょっと変えたいときの突破口探しの一つ

 「世界観で自分の行動をもうちょっと変える」

   
今,自分が変わるためには、自分の成長段階の位置を明確化して、自分の周囲の環境との
  かかわり、自分が「柔行動型」でどれだけの人を動かす増幅総能力量があるか、よりさらに
  その増幅量増分を多くする要から「してはいけないことはしない。やるべきことはする」自己
  を律するパワーがまだ他要素に比して弱いところからはじめるときか、短期で成果を見える化
  するために、最強の自分の要素をさらに強化するか(長所・短所着眼)を見極めることが勝ち残る
  方法の一つです。右脳左脳機能の整合と、行動できる身体機能と相関があります。
     
     「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす  
        ・左脳・右脳・小脳・脳幹を正しく活かす
    ・左脳・右脳のコア・強みを活かす
      人間の尊厳の本質機能である「脳」の機能の価値基準、行動基準が正しく成長し、プラス領域
   (善・よい)が多い日常行動が、意識、無意識両面ですばらしい人格として世界に貢献できる
   未来へ向かって、よい習慣化行動を選択できるように汗をかく知行一致型を定着させるトリガー
   を見つけることが出来る確率は高い。


  
「自分を変え周囲が変わる価値判断」
     
・戦略的に制御人財に成長する
   ・着実に人財へ成長する機会を活かす

   
    実行視点を「自分を変えたい」と意識したときから自分流に修正整理すると、周囲の力が
  自分の行動方向と同方向に方磁性帯のように変化してくることを感じるときが来る確率は
  高い。周囲の人の成長方向の55%以上が変わりはじめると、周囲が変わる徴候が観えて
  (感じて)きます。

    
「検索の機能活用能力をアップする理論武装」
   検索エンジンの機能の本質を知り、多くの検索エンジンが、活用の方法を紹介いる中で
   自己実現、集団組織行動のよいやり方、業務の問題解決の扉、プロセス改善案等仮説
   仮想するとき、より成功確率の高い、ベクトル方向のトリガーを探すとき、戦略的に活かす
   自分の最適な外部高義手型機能ツールの一つとして、活用数、量、質に相関した、機能
   向上が大きくできる確率は高い。

  
「智慧本の活かし方」
   検索エンジンは断片型情報です。浮き草と同じ、同じように見えるが、氷山の下を観(診)る
   とプラス領域へ向くベクトルのものからマイナス領域へ引きずり込むベクトルのものが、玉石
   混交でますます無限へ向かって世界で加速度増殖しています。自分の価値基準、行動基準
   を「昨日より今日、今日より明日と高める」ためには、「智慧本で」自分の行動プロセスを節目
   ごとに体系化し間脳に貯蔵し続けると、知識の「断片・浮き草型知識」は、思い出せなくても
   いつでも最新の、より高品質の知識だけを検索エンジンから探しだし、選択できるように人は
   できているようです。現役を去り、現役時記憶した当時の知識は、時代と共に陳腐化し、過去
   を語る人にならず、いつも未来、最新知識に出会うために、プロセスの知恵を成長させること
   が出来る確率は高い。世の中の動きが、意識しなくても、ほしい情報が、外部からわざわざ
   教えたり、伝えたりする不思議な体験が始まります。いつも不易型の本(人格基盤の知恵)の
   過去現在未来、流行型のデータに基く本(問題解決の戦略戦術戦闘人)の過去現在未来、
   成長過程のプロセスが一本の軌道で連続につながり、未来何から取り掛かればよいか、
   大書店で本の立ち読み(多数乱読)していると、本がこの本を選べとオーラを出している本に
   出会い、新しい発見新しい感動をもらえるようになります。電子図書の創生期、多忙な中で
   自費で、最適と思えば、買い揃え、本を自分で入力して活用しましたが、入力する間に読んで
   理解し、必要な記憶はしてしまっていたので、出来て、楽に閲覧検索出来ても、半月で、
   自分の成長段階が高くなったために陳腐化情報になっていた繰り返しを3年して、本に、
   コメントを日付を帰して書き込むことにしました。(どんな高価な本も必要なら自費で購入し、
   金額の元がとれるまで、徹底的に活かし、今も過去を確認する蔵書群の一角を占めています。
   ◎ITツールで効率よく入手したものを、生涯自分の実力として保持する価値基準、行動基準
   人格にしたい場合は、実証検証臨床しそのプロセスの体系化した智慧本の力を借りて知恵
   として、間脳へ貯蔵すると、無意識、意識で必要なとき必要以上の想定外の「火事場のハバカ
   」が湧いてくるようです。
   ITのデータベースのしくみは、組織最適に人を動かしますが、人の脳回路のしくみは少し違い
   ITのデータベースの確率論の世界を超越した実体社会での実現能力が無限ある確率は高い。



   「経営は環境適応業」
   
・企業の壁の突破口探し
         ・突破口テーマの解決具体策
    ・創市場創客の具体策事例


    自分が変わる度合は絶対比較、傍が変わるのは祖対比較、環境に最適適応すれば、
  勝ち残り確率は高くなる。上を観て、時間総生産性を高めよう。
  ふさわしい総能力以上累積できてくると、市場が急拡大を始めていることに気づく時があります。
  「儲けよう儲けようとしても儲かりません。儲かるようにしているから儲かるだけです。」
  あらゆる人に平等に機会はきます。活かさない人と活かす人財がいるだけです。


  
◆地域は脅威に強い
    テーマは 「地域は複合食品産業を基幹にして勝つ」戦略
  
日本が富国殖産、財政破綻方向に歯止めをかける一歩は、地域が複合食品産業を基幹に
   して、地域の人が共に豊かになり、地域の共に豊かな子孫繁栄の方向ができたときから
   始まる確率は高い。金融操作で、「あしたローマをが簡単にできる」幻想は、仮想空間の
   蜃気楼、実体社会は、超潤沢な投資資金を長期、金融の上限制限無限時代の掛け金が
   無限大できる合法的丁半博打(ハイリスクハイリターン)で必ず独り勝ちできる人、国であり、
   わずかな投資資金の人、国は、たまに勝てても必ず累計では、大損をする確率は高い。
   金融操作、金融相場が最小の影響環境下を実現できる小局・地域が勝てる方向です。
   

  
  ◆創市場は突破口
  テーマは「創市場・創客は天災・人災・グローバル環境下で勝つ突破口」
  
大企業の子会社、関連会社、グループ会社(ものづくり専門で、創市場創客無関係の
   口を開けてエサがもらえる、親会社の計画発注があり、販売機能の脆弱で不要領域)
   で、親会社が創市場創客戦略責任を持っているため、親会社の成約量が減ると、
   短期で赤字企業が増えます。連結子会社の単体の赤字会社数の増加は、親会社の
   創市場・創客が拮抗する競合会社より弱くなっただけです。
   親会社がなぜ、企業グループの創市場・創客機能ができるのかその真因は、全企業の
   取引企業の顧客を共有化して管理し、戦略商品、売上好調の商品の購入確率の高い
   顧客を、複数の企業が連携して、新規開拓情報を増加しているからです。
   膨大な顧客数、見込顧客数を5年以上先行して、業績管理しているからです。
   天災、人災、グローバル、金融操作、金融相場の不確定要素が増加すると、
   先行投資(設備稼働に時間が必要、必要人質数確保に時間が必要)の見込違いが
   国内の事業比率が低い企業から、家電等、いよいよ見える時代がきました。
   原料調達を日本国内で自給自足できる企業規模の実現確率の高い局地・地域で、
   協業企業が、それぞれ、営業利益が最大で、社員数最大になる、経営者経営陣が
   腹八分で利益独占しないで(社員上限の5倍以下にする)過去の所得の過剰分を、
   社員と、養成する若手採用雇用に振り分けることができると、金融操作、金融相場
   の影響が最小限で、創市場創客を地域のCATVを球心にして共有化し、地域を面で
   地域エリアを地産地消型にすると、黒字企業が60%以上となり、地域の中流家庭が
   60%以上になる確率は高い。成功ビジネスモデルを、日本の都市部を除いた地域
   に水平展開し、地域間連携、補完連携をする段階から、共鳴、共振、共働地域が
   加速度増加をはじめます。この段階から、海外の貧困地域で、その企業の人を主役
   に、共に豊かな地域を構築するための、制御型人財養成ができるリーダー大量育成
   機能が、現地現場の技能教育で伝承できる時代がくる確率は高い。、
   
    


  ◆制御型人財数を増加  
   テーマは「戦略的に多分野制御型人財数を大量に増やす」
   
情報量「ゼタ時代」超人財でさえ、20世紀のような一人のリーダー(主役)だけで最適な
    環境適応できる独裁者的幻想の時代は終わり、多分野の制御人財を多数活かし、
    全体最適型制御人財を黒子として活かし、もうちょっとプラス領域量が多いプラスαを
    付加して実体社会の原因結果を地球環境を視点に現地現場の実務家尊重衆知独裁型
    の人の方が勝てる確率は高くなりました。
    当面は、今の集団組織を最適に機能させ、構成する人、傍の人が心物共に豊かになる
    ように行動できる制御型人財が成長する布石を打つ時がきています。
    人の総行動領域(建前の21世紀型進化ツールの修正が必要)は狭域であるため、企業規模
    に応じ、世界規模の場合異民族障壁を補完できる制御型人財も含め、ふさわしい人数を
    確保するために3倍以上候補者を養成しはじめる時が来ています。21世紀後半に勝ち残る
    必要条件の一つです。 もの設備投資の省人化方向とは異なり、アナログデジタルを最適
    機能させ、人の総能力を最大限、集団組織で全体最適行動できるように社長、経営幹部
    直接上司、同僚、後輩、傍のパートナーが、全経営資源を活かしきることができるように
    制御できるようにする目的であるため、人の成長期間のスタート分水嶺にきています。
    

    金融、IT優位の仮想空間の確率論の合法的丁半博打で、結果が決まる上限規制がない
    無限の潤沢な資金を持つ人だけが勝てる世界は、微小な人だけの人生の終着方向です。
    その一族は、2代3代後、規制が強化された段階で、合法的博打で勝ち続ける確率は、
    現在よりも必ず低くなります。(人間世界の自浄機能があるからで時間軸で変化修正安定化) 
    80%以上の人は、金融、IT、カジノ等の合法的博打で一生勝ち続けることは、投資資金
    に上限があるため、たまたま局部で勝っても、かならず全体で累積的負ける時がきます。
    丁半博打は潤沢な資金を持続的に投入した人だけ「乱数確率ですが 普通は人為的確率
    変数調整領域であるため、競馬の馬券でネットで数字だけ桁違いの売買をすれば、必ず
    大勝し、購入したはずれ馬券を必要経費として税金の申告方向へ日本さえ変わってきました。
    自国の税金のがれのために、資金を、税金が少ない国移動する手法もいよいよ規制強化へ
    日本さえ徴候が出てきました。世界規模での金融操作の上限規制の必要性が少しづつ
    気付く人の数が増えてきたようです。)

    実体社会の中の行動を優位にした方が、自分の行動が原因でその結果(成果)が出る
    自力本願の方が人生が終わる段階で心物両面でほどほどのプラスαが多くできる確率は
    高くなりました。
    他力本願、合法的丁半博打の確率社会を生きるか、自力で選択した一本の人生選択を
    して自己責任で人生を歩み、無限の選択肢がある成功確率が自分の総能力で予測確率
    が高い実体社会を選ぶか、たった一度の未来しかない人生(現代は、過去の累積結果
    であり最先端の状況です。次の瞬間の選択の機会であり、無限の可能性を自分で選べる
    しくみになっています)、あなた以外誰も選択できません。
    結果が悪いと外圧で選ばされたと周囲他人の責任だと言いますが、他人が言う方向はよい
    (他人にあなたの人生の結果はわかりません。よい方向の確率が高く見えたからアドバイス
    してきれただけで、その行為を感謝するべき行動の一つです)と決断し、行動したのはあ
    なた自身であり、逆の方法を選んでもよいようになっています。
    今の人生は、過去の因果であり、必然にすぎません。未来だけは、自分で変えることが
    できます。人生死ぬまで生きることができます。その間、あなたの総能力を今に徹して
    全力投球し、感謝報恩、喜びの人生を選ぶこともできます。
    
    実体社会で今を大切に、傍が共に豊かになるように生きることが出来ると、制御型人財の
    のプロの道も実り多い人生の一つかもしれません。 
   
 


 


◎年ごとの重点テーマ   
  新事業計画実現へ”制御型人財のあなたから変わり”、あなたの所属する組織が
  益々の繁栄をされるよう祈念しています。
  
  
    


  
2013年
  巳




















 


子孫繁栄のために地球環境の最適化行動へ「ウロボロス」の絵の蛇の予知を意識して
最先端の軌道をプラス領域方向へ制御する年

自分のしっぽを呑み込んで環になった蛇の予知のごとく、超巨大化した大恐竜は滅亡
しました。結果としてゼロに戻りました。
人は脳が巨大化し、金融(実体を増幅したバブル)による富の超巨大化の時代になりました。
また科学による超ミクロの遺伝子、元素・核分裂さえ人が操作する時代になりました。
想定外の異常時は人が制御不能な領域となり、子孫へのマイナス影響さえはじめました。
「人間の尊厳」領域を超えてきた確率は高い。
宇宙に多数のゴミを排出し、太陽系、宇宙のバランスさえ変えはじめました。
視点を地球の多数の生物と人の子孫繁栄のために「最優先で」地球環境最適化に
ふさわしくない方向の価値基準・行動基準に妥協せず、歯止めをかけ、キチンとプラス
領域量の多い方向へ制御型人財が多数行動をはじめる年になりました。
現在プラス領域量を増加できる、最先端の知識、知恵、プロセスは 情報量「ゼタ」の
時代に入りました。A志援サイトでさえ実現確率が高くなっていることを素晴らしい来訪者
のあなたに気づける情報源の一つの役割ができるようになりました。

まだ成長途上の若い世代は、短期間で、20世紀までの何千年もかけた先人の叡智に
接する機会が、良質な「智慧本」と「検索エンジン」を選択できれば、60%レベルまで
自分を変える(人格基盤を正常化させる)ことができます。
集団組織の価値基準・行動基準の増幅機能を活かせば、多数の人が共鳴、共振、共働
できる「納得」基盤を共有できる時代に入りました。
所属する集団組織が「儲かり」、「国益」に貢献できるようになると傍に「やせる想いに
ふさわしい強さのパワーが育ち、本音で共に喜べるやさしさ」が発揮できるようになります。

世界に多数の制御型人財の輩出と、素晴らしい活躍する姿の見える化を待望しています。

◎制御型人財は、巳の如く、プラスα脱皮し、次の飛躍軌道へ知行スタートの年。
共に汗をかき、頑張りましょう!

 


   2012年
  

 

龍起の如く、無理難題の強固な壁を瞬時に飛躍し超える実証の年

先行累積した総能力を核心へ集中発揮し行動を起し、未来の持続成長軌道へ換わる

  2011年
  
 

世界観視点で「剛行動」領域から「柔行動」領域へ脱兎の如く移動し、共鳴共振共働する
人達と傍が豊になるように先行行動をはじめる年。

戦略視点から創客・創市場のしくみ・システム補正し、未来の扉を開く布石行動に専念する
年。自在に活かしきれる各部門の制御人財が機能発揮をはじめると事業展開は想定以上の
変化がはじまります。
 

   2010年
   


 

◎共有テーマ
2010年は 「虎穴に入(い)る年」 200%の過負荷で成長軌道に入る年。
次の展開(個人・法人)のための内部留保総能力(金・人財・智慧)を着実に蓄積する年。

◎会員テーマ
2010年は「虎穴に入(い)る年」 200%の過負荷で傍から成長軌道へ誘導する制御能力を
活かし初める年。次の展開を想定して自らの持ち場から先行行動の布石(人財組織、智慧、
先行型業績貢献)を一つひとつ打ち初める年。共に頑張りましょう。

 

2009年


2009年は 実体に合わせ”創市場・創客を着実実現するために構築したしくみシステムを
活かす年。顧客との縁を豊な田に耕す牛として汗をかき着実に実り基盤を拓く年!
実体とは、脂肪のようなファイナンス型売上、ハロー型(ブランド等)売上を除き企業の成長
度合
 

2008年
 子


2008年は ”創市場を着実実現するしくみを構築する年”
外部の智慧しくみ・システムを活かし、子(ね)のごとく真のお客様数をネズミ算で増加を創める年!
 

2007年


2007年は「一点突破、子沢山の「亥」の如く未来を開く閃きと、共鳴共振共動する縁を拡げ創める年! 今年は”創市場”の年、亥の如く専心、先行
 


「要領だけでは、継続的に企業の業績貢献を継続でき難い、汗をかき、気の遠くなる
ムダ・ムラ・ムリを承知の上で継続的に今に徹して挑戦しなければならない問題解決プロセス
の中で潜在意識に焼き付けるべき人固有の必要時間があります。知識では分かったつもり
(顕在意識領域)でも、変化する世界環境・市場変化に適応し持続的に業績を上げるとき、
だれでも大差が、結果に見える演出ができるテーマの一つです。 

精度の高い多様情報が氾濫時代、知識要領顕在意識領域行動だけでなく、潜在意識領域まで知行の整合
さらた制御型人財の成長軌道が連続した人財を持つ真の実力があるかどうかを見抜き、人財を選ぶとき、
個人の能力と組織運営の能力(上下左右と外部)とを自社にふさわしい整合量で持つ価値基準を目指す
場合に必要な時間経過での実績推移乖離格差で制御型人財を見える化する方が周囲納得効果的が成功
確率の高い方法の一つです。生きた経営を安全安心に制御する人財は、乱高下し危機リスク多様時代の
戦略的人財数は、要領効率優位のコンピュター人財管理は80%までの人財戦術であり、20%の超人財が
育ち難い戦略的人財育成「剛行動型評価」優位から「柔行動型一瞬剛行動型人財の一瞬の瞬発力を見落
さない評価」へ修正する自由競争時代の補正が必要な分水嶺がきているようです。


◎経営資源を各組織を最適に機能させる統覚行動させ、中期長期事業戦略を達成へ
遂行するための、5年以上内部で育つ制御型人財のを数を揃えるためには、必要な時間
と必要な決断をさせ、行動と実績の連続が必要です。その時必要な実績以上を上げさせる
ために 人は壁を超えるためのハードル(目標)を組織の80%以上の本流業務を実戦型で、
模擬訓練(ロールプレイング)で潜在能力段階、人格段階まで高める必要があります。
同一の人の成長仰角をより高くするためには、実務を実証試験の場として活かし、上司の
想定以上の実績を上げさせるために周囲が130%以上の過負荷の場に定期的に体験させる
ことが必要です。本人はすべて未知の体験で、全て過去の知恵だけでは問題解決出来難い
難題ですが、すでにその体験を超えた人は、既知の内容、必要な模索を短期間で軌道
修正させながら育てる必要があります。(みまもつてまかせ、最悪の場合は、実績が
でるように軌道を修正し補完し、必ず成功させる極致の仕事の魅力を活力喜びにできる
感覚まで人格の成長ができる先人の制御型人財、執行役員が1名以上育つ必要があります)

潤沢な資金がある場合は、組織の必要レベルの既存人材を短期で揃えることはできます。
ただし、自社事業展開にふさわしい組織力を発揮できる最適人財へ戦略的の育てる3年
間の戦略的人財育成のしくみが成否の分岐点になる確率は高い。
最先端のしくむシステムで創業5年は順調に推移する確率は高いですが、実務の前線
の担当人財が、管理のウエイトが増加し、組織内人材が育っていない場合は、10年までの
間に想定外の現象が生じる確率は高い。異なる企業風土と異質の少領域の生じる現象の
一つが現実化しただけの場合がある。領域が逆転している場合は、その時の経営陣は
退陣することになる場合もあり、新しい企業風土が始まるだけです。

他社での体験が、潜在脳の中に蓄積され、制御型人財のような本音と建前が一致「知行一致」
しなければならない限界的危機回避段階の問題解決が無限な場合は、想定したことのない、
企業の存亡に関わる行動を発揮する確率が高い。
(世界の国の盛衰にかかわった歴史上の超人罪を分析すれば想定できる確率は高い内容の一つです。)


  
 

カテゴリ一覧
戦略的に制御人財へ成長する
「会員の人財化サイト」を最適に多角的方向から活かし、あなたの制御人財機能を発揮するパワーを「もうちょつと」着実にアップさせて、あなた自身と組織が共に物心ともに豊になる成功確率を高めるための抑えるべき内容。「A志援ー創客.com」と併用した方がより成長のトリガーに遭遇するチャンスはアップします。
来訪者専用コンテンツの目的
目的はあなたが企業の安定業績基盤を構築できる人財に成長するためのコンテンツ一覧。A志援が臨床し検証済の成功確率の高いコンテンツを独自に整理した内容です。 多くの体験した周囲の知識智慧を活かす中で行動の生産性が高いもの。あなたの知恵との融合素材にすると成功確率は上がる。
創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向
企業の未来・未知を拓く創市場創客を実現する知行一致量=総能力量(知量×行量)をアップする方向(ベクトル)のための要素を定期的に最新化します。
日本で実現可能になつてきたプロジェクト
「A志援-創客人財.com」の行政団体企業大学や公開の智慧等が世界観、国家的視野に立つと実現可能性があるプロジェクトをご紹介します。
新事業展開時のインフラの進化
日本国に世界から富を導く新事業・プロジェクトを実現する目的でインフラを最適整備するときに連携の役割ができ、活かせる進化固有技術を持ち、さらに進化確率が高い組織群
智慧本の活かし方
難題で企業内に先例がなく先人先輩上司の知恵の中に問題解決の光明が探せず、虎穴の中で苦しみもがくとき、いつも多くの先人の智慧本を探すと、最善の明るい路を探し当て、周囲の人の力を借りて解決してきました。その探し方のヒントを掲載
地図(未来を拓くアクセス)
A志援サイトは左脳優位社会で活躍したい人財が右脳を「もうちょっと」活性化させて、左脳を統合制御すると想定以上の時空を超えた潜在能力がすべての人に平等で働き始めることに気づける地図の役割をしています。