開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

日本の産業企業の成長過程

■日本の産業企業の変化

 TOP >カテゴリー一覧>日本の産業企業の変化



更新 2013.03.12

日本の業界変化を検証する方法は成長過程の情報を定期的に
整理公開されます。ばらばらの情報をシンプルに整理されたものは
判断したり予測の構想を練るとき役立ちます。

団体の公開統計情報、週刊「ダイヤモンド」 週刊「東洋経済」等から
抜粋し趨勢分析に役立つ情報を継続掲載します。
◎年1回更新 半年の情報の場合、スポット的な環境に依存するため
連続情報機関の情報を活用してください。

                                    
◇進化現状情報を探す場合 「白書・産業統計・アンケート」をご覧下さい。


解説判断等の文面は先入観、思い込みになりまた、あなたの会社の
社内の正しい情報と異なる場合もありますので、内容は原本をご覧
下さい。企業統計、アンケート情報を探すときのトリガー


 ◇企業の技術情報を探す場合 「工業所有権情報・研修館」「技術情報リンク」
              ・企業
        生活必需品 処理操作、運輸  化学、冶金  繊維、紙  固定構造物
          処理操作、機械工学、照明、加熱  物理学 電気
       ・内外国の学会・研究機関等
       ・大学

 
 ◇特許・活用便利情報を探す場合 「知財を活かすプロ」


 ◇各社の最新開情報、重点商品を探す場合 「業界大展示場を活かす」

  ◇創市場創客の突破口を探す場合   「市場的確把握既存情報を探す」



 

カテゴリ一覧
業種別法人申告所得上位30社企業情報
業種別法人申告所得(週刊ダイヤモンド別冊)掲載内容をそのまま整理。1970年からの内容です。正誤に関してはダイヤモンドでご確認下さい。
テーマ別時代の変化
テーマ別に時代の推移を整理1.主なヒット曲 2.本雑誌 3.ヒルト番組映画ブーム 4.流行語 5.ヒット商品イベントなど 6.国内経済面の主な出来事 7.国内政治・社会の主な出来事 7.世界の主な事件・出来事
業界編成変化への対応(1980〜2011)
国内規模での業界編成変化段階から世界環境に対応した勝ち残りのための編成へ大企業を先頭にして、関連裾野の中小企業を巻き込むスピードが速くなってきました。
企業力格付け
日刊工業新聞は毎年1月下旬に「企業力格付け」調査の結果を掲載し公開していします。2012.10.16第.8回目から名称が「企業力ランニング」に変更。企業力の上位企業一覧は 日本の先導企業の今の実力を観える情報の一つです。わが社の事業展開のベンチマークして、自社の規模で何を優先して生き残りの事業展開をするか、今後すべきことは何かを選択するとき役立ちます。
経営は環境適応業
環境に適応できず、衰退、廃業、倒産、段階的に成長し現在大企業になった企業、最初の出会いでの経営者の考え方は酷似、コンサルタント機関の活用も酷似、個人としての人財の価値判断は同じ、なぜ5年後10年後30年後違うのか、その違いのプロセスを比較(項目だけ、詳細は事例コンテンツへ)
グローバル競争を勝ち抜く論文検索
米情報サービス大手トムソン・ロイターは2010年までの過去11年間の論文の被引用数を集計した結果から、日本の研究機関ランキングを公開した。
日本の国際標準化戦略
日本は欧米に比べて、「国際標準化」の取り組みが後手に回っている。危機感をもつ経済産業省は「国際標準化戦略目標」を定め、国際ルールづくりに参加する方針を示した。
日本標準産業分類によるデータ
業種業態をデータ分析し事業計画を立てる場合は、日本標準産業分類基準を活用すると、官庁・行政・公益法人等の公表データといつも整合できます。多くの源流外のデータはある時点での流用データを活用しています。いつの時期の価値判断か、その後のデータで修正、変更の有無を明確にした、最新化する必要があります。
元気なモノ作り中小企業300社
経済産業省中小企業庁が2006年から公開をはじめました。中小企業の開発を自社に活かすトリガーになります。
専門学会の活動内容から学ぶ
業種別各学会の活動内容、最先端情報の進化の方向を捉える一つの指標
業界団体の活動内容から学ぶ
業界団体の活動内容を学ぶ目的は 一企業の経費効果のために収集できない内容が集約されています。一企業の先入観、主観的収集情報で不要な情報既に臨床済み情報等重複はありますが、価値基準を決めて観る(診る)と見落としたり、探求が不足内容を補完する情報があります。
環境に関係する活動内容から学ぶ
地球環境保全とカイゼンの国単位の規模で最初に日本で悪循環に歯止めを掛けて、反転させる実証ノウハウを世界へ発信させ、地球環境をチェンジさせる実証国の数を増やすトリガーとなる分水嶺の役割を果たす時期がきています。世界に地球観、宇宙観人財の輩出の数の増殖加速が遅れると生物滅亡時期が加速される限界にきています。
漁業に関係する活動内容から学ぶ
漁業業界は世界的規模で、世界観から国家間の我の調整段階から次元を超えた世界の規制(最低基準の守るべき法制)が、他の業界の先行指標としてはじまりました。規制強化の進化スピードが生物存続のための人間規制に必要な人類の進化段階になってきた徴候の一つです。
業種別定点ベンチマーク素材
”あなた”の業種の上位ランク企業の最新進化を企業のホームページで定点ベンチマークすると、自社の最善の未来の事業戦略構築の突破口が観えてきます。・電気機器 ・情報通信業 ・機械 ・精密機器 ・化学  ・建設 ・その他製品 ・輸送用機器 ・広告ディスプレイ  
リース利用の判断
投資採算計算の中で、資金調達に関する諸要件として技術進化の激しい時代、多種多様なリースを上手に利用する事が勝ち残り戦略の一つになってきました。
GDP公表民間機関・情報サービス企業
民間調査は業種の異なる企業を母体として、発表しています。4半期に予測数値を修正しています。情報サービス会社は世界規模の適応変化の速い企業です。